ヘルプ

レビュー情報

ランエボMRさん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    21

  • 参考になった

    13

並べ替え

  • 聴き応えたっぷり

    アルバム紹介欄に「聴き応えたっぷり」とあるけど、ほんとにその通りのアルバムです。
    相変わらず期待を裏切らないので、ガルネク初体験の人でも楽しめると思います。
    また、シングルコレクションも発表されているけど、それに負けず、もしかしたらそれ以上のアルバムと感じました。
    夏のドライブに聴くと、結構盛り上がると思います。

    参考になった0

  • 裏切らない笑い

    久しぶりに見た「やっぱり猫」はやっぱり「笑い」を裏切らなかった。
    最近のバラエティを「スピード」とすれば、「やっぱり猫」は「じっくりじわじわ」笑いが来る。ネタ的には毎回よく似たパターンなのだが、どこまでが台本なのかアドリブなのか分からない3人のやり取りがなんともおかしくて最後まで引き込まれてしまう。
    派手さもないし、過激なセリフもないけど、3人の持ち味がよく出ている作品だと思う。

    参考になった0

  • イメージとは違うかも

    テレビCMの延長でレンタルしたけど、あのイメージが全編にかかっていると思って聴いたので、ちょっと戸惑ってしまいました。
    映像として海とか夏とか、祭りとかいったイメージが先に入ってしまったので、乾燥したカラッとしたリズムというか、そんなものを期待していたのですが、ちょっと期待はずれでした。
    伊藤さん独特のメロがお好きなに方は最高かも。

    参考になった0

  • イメージが変わりました

    Misiaといえば歌唱力があって、それをフルに発揮されているのがバラードだと思っていました。
    ?1以心伝心、10DANCE DANCEを聴くとそれが全くの勘違だと気がつきます。
    今更ながらその実力を見直した作品でした。

    参考になった1

  • 何処かで聴いたような

    ケニー・Gは知らない。でもこの曲は聴いたことがある。第一印象はそんなアルバムでした。
    でも、何回も聴いていくとホッとして、癒されてしまうことに気がつきました。
    もし疲れたなあと思ったらDISC2、?5、11、14を聴いてみてください。きっと期待に応えてくれます。

    参考になった0

  • 昭和の雰囲気

    昭和。それも年代の若い頃の香りがするアルバムです。ちょっとした弾みに誰もが口ずさむメロディや、歌詞があると思います。私も、村下さんの「踊り子」のメロディが頭のどこかに残っていて、いつかフルコーラスで聴いてみたいと思っていました。
    何処となく懐かしいアルバムです。

    参考になった0

  • 少年時代

    夏になると聴きたくなる少年時代。勘違いかもしれないけど、この曲はアルバムにしか入っていなくて、そのアルバムも限られていたように思います。
    この曲を聴くために、今回はレンタルしました。
    傘がない、氷の世界から新しいラプソディまで、幅広く陽水の世界を聴かせてくれました。

    参考になった2

  • 爽快

    NO3群青の12弦ギターに代表される爽快な曲を集めたアルバムです。ヴォーカル、草野さんの声とマッチした曲はどれも聴いていてホッとさせるような、懐かしいようなメロディが並びます。
    イメージは春、初夏かもしれませんが、いつ聴いてもきっとホッとできると思います。

    参考になった2

  • もっと注目して欲しいアーティスト

    最初に2ndアルバム「Diamond princess」を聴いて、どうしても1stアルバムが聴きたくなってレンタルしました。
    1stから2ndになると、サウンドやアレンジに厚みが増していて、それなりの時間や経験を積んだんだなと感じてしまう。が、聴いていて思わず身体が動いてしまうような個性とかミリヤらしさというのは一貫している。もっとみんなに注目して欲しいアーティストだと思う。

    参考になった0

  • 懐かしい

    CMで、はっぴいえんどや大滝さんの曲を耳にして、特に思いでもないはずなのに何故か懐かしさで一杯になってしまい、今回レンタルしてしまいました。
    聴くとやっぱり何故か懐かしい。
    そういえばレコードジャケットも涙モノでした。









    参考になった2

  • 安心して聴ける

    サウンドでごまかさず、奇をてらわずに、魅力的なヴォーカルを前面に出したアルバム作り。
    ベストアルバムとはいえ、初めての曲も安心して聴けるのは、やっぱり歌唱力の力だと思います。
    納得のアルバムです。

    参考になった1

  • ホッとしたいときには

    小椋 桂に並んで男声でホッとするミュージシャンです。メロディがいいのかもしれませんが、声を聞くとホッとしてしまいます。
    個人的にはシルエットロマンスがいよいよホッとしますよ、疲れている人は一度聞いてみては。

    参考になった0

  • ウチナンチューの曲が聴きたい

    沖縄県の方言でウチナンチューとヤマトンチューという言葉があります。ウチナンチューは沖縄県人で、ヤマトンチューはそれ以外ということらしいです。
    中孝介は鹿児島県奄美大島出身で、ウチナンチューではありませんが、島歌などを聴くとビギンと同じものを感じていました。
    そのつもりでこのアルバムを聴いていくと、そのうちの数曲はヤマトンチューを思わせる曲が入っていて、もっとウチナンチューの歌が聴きたいと思ってしまったアルバムでした。

    参考になった0

  • 独特の雰囲気

    ヴィーナス、悲しき鉄道員など懐かしいタイトルに引かれて聴いてみると、ベストアルバムとはいえ意外に聴いていない曲が多かった。よく考えてみると、それ以外の曲で彼らの名前を聴いた記憶がないから当たり前かも。
    最近の曲が無国籍化している中で、独特の雰囲気はさすがにショッキング・ブルーでした。

    参考になった0

  • ZARDからのメッセージを

    「負けないで」、「揺れる想い」の頃のZARDを良く聴いていた自分には、DISC1のほうが親しみやすかった。
    多分、アーティストとしての時間はそんなに長くないのだろうが、このアルバムを聴いているとそんな短期間に、これだけたくさんのメッセージが発信できたものだと感心してしまいます。
    それだけに、ZARDファンを悔しがらせているのかもしれない。

    参考になった1

  • ちょっぴり・・・

    何年前か忘れたけど、初めて彼女がテレビで歌っているのを見たときは、どうしても忘れられなくてアルバムを買ってしまった。
    そのアルバムは期待通りのものだったけど、今回はその時のような感動は感じられなかった。
    たぶんライブだったらきっと感激すると思うけど、何となく消化不良というか、依然聴いたアルバムが良かったのか、今回はちょっぴり・・・

    参考になった0

  • カラオケ大盛り上がり

    90年代、カラオケで大盛り上がりしたメドレーが入ったアルバムです。
    男性は高音が出にくくて、アルコールが入っていると血管が切れそうでした。「あゝ無情」で、合間に入る掛け声が今思えばいかにもバブル。
    もちろん歌わなくても聴いも楽しめるアルバムです。

    参考になった1

  • ポカポカ陽気の日曜日

    冬だったら窓ガラス越しに暖かい陽射しが入る部屋で、のんびりと聴いていると疲れが抜けていく。そんなアルバム。
    やっぱハナミズキが好きかな。

    参考になった1

  • いいよ

    ドライブ中に聴いているけど、ポップで伸びがある声につられてスピードが出すぎてしまうくらい。ドライブミュージックを探している人にもお薦めのアルバムです。2曲目のEYES ON YOUなんかは特にいいよ。

    参考になった0

ページのトップへ