ヘルプ

レビュー情報

絶対零度さん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    424

  • 参考になった

    929

並べ替え

  • 「いつ服を着てるの?」と不思議に思うレベルの「肌色率の高さ」

    Hカップの巨乳グラビアアイドル「藤崎里菜(ふじさきりな)」のヘアヌード写真集。「グラビアデビュー(当時の芸名は『小熊絵理』)→早期引退」後、大手広告代理店(電〇)の契約社員を経て、2017年に再デビュー。同年、初の写真集(本作)を発売すると、「元電〇OLのヘアヌード」として大いに話題となる(のちに価格高騰のプレミア化)。2018年に「どうしようもない恋の唄」で映画初主演。AV女優並みの露出とパフォーマンスでヒロインのソープ嬢役を熱演している。演技のリアリティーを追求するため、実際にソープランドへ「体験入店」している強者(ツワモノ)。「セックス」と「酒の強さ」を売りにしている異色のグラビアアイドルである。シースルー衣装の「透けエロ」を挟んで、ソファー上で早くもヘアヌード解禁。さらに、大浴場での「全裸入浴」では、Hカップの巨乳をこれでもかと拝ませてくれる。「手ブラ(またはタオル)で隠す」といった「小細工」はいっさいなく、一糸まとわぬ姿で堂々とポージング。現役アイドルの(初めての)写真集とは思えない「肌色率の高さ」といえる。まともに服を着ているのは最初と最後の数枚のみ。「浴衣→全裸」のラストスパートも素晴らしく、そもそも浴衣の時点で「おっぱい丸出し」である。出し惜しみでまったく人気の出なかった「小熊絵理時代」の反省を踏まえて、「(乳のでかい)グラドルは脱いでナンボ」という境地に達した藤崎里菜のヌードグラビアにおける「無敵感」。

    参考になった0

  • どうしようもない恋の唄

    動画

    購入・利用済み

    ソープランドで「直接指導」を受けた現役グラドルの「本気の濡れ場」

    Hカップの巨乳グラビアアイドル「藤崎里菜(ふじさきりな)」主演による官能ドラマ。事業の失敗によってすべてを失った主人公の中年男「矢代光敏(カトウシンスケ)」は、死に場所を求めて繁華街をさまよい歩くが、たどり着いたのは場末のソープランド。「人生最期のセックス」を楽しもうとせめてもの慰めに入店するが、のちに生涯のパートナーとなるヒロインのソープ嬢「ヒナ(藤崎里菜)」と運命的な出会いを果たすことになる。まずは、矢代との出会いのシーンで、本編開始「わずか5分」で全裸になる里菜嬢。ちなみに「着衣での会話は30秒」という短さで、5分近いセックスシーンと比べると、その差(本作撮影の目的)は明白である。続いて、他のソープ客との接客シーン、同棲後の矢代との「夜の営み」で一糸まとわぬ姿となる彼女。局部にしっかりと「モザイク」が掛かっているため、少なくとも「お互いに前貼りナシ」のガチ全裸による濡れ場といえる。矢代の「裸の尻」に顔を近づけて「菊の花」を舐めるシーンは、おそらく「寸止め」とはいえ、「(現役アイドルとしては)完全にアウト」。さらに、中盤、隣人カップル(高橋里恩・間宮夕貴)とお互いにパートナーを交代しての全裸セックス。「人気グラビアアイドル(藤崎里菜+間宮夕貴)が全裸で共演する」実に贅沢なスワッピング場面。全裸の男女4名が絡みまくるとあってか、画面は「モザイクだらけ」である。もっとも、以降の30分弱は、暴力シーン多めのシリアスな展開。里菜嬢(のおっぱい)目的で鑑賞するユーザー諸氏は、「本編開始5分の天国」へロールバック推奨。ヒロイン役の藤崎里菜は、大手広告代理店(電〇)の契約社員を経て、2017年にデビュー。同年、初の写真集(『first』)を発売すると、「元電〇OLのヘアヌード」として大いに話題となる。某日刊紙のインタビューでは、「(OL時代は)毎晩酒を飲んで合コン三昧」と語っていた里菜嬢。「セックスと酒に強い」自由奔放なグラビアアイドルといえる。ちなみに本作のトークイベントで「ソープランドへの体験入店」を報告。本編中のテクニックは、すべてプロのソープ嬢からの「直接指導」である。いくら「役作り」とはいえ、現役のグラビアアイドルが「風俗店でセックスの特訓をする」というのは前代未聞。

    参考になった1

  • 平崎里奈が体現する「エロさ」と「親しみやすさ」の奇跡的な両立

    Gカップの巨乳アイドル「平崎里奈(ひらさきりな)」のイメージビデオ。かつて存在したプロレス団体「WRESTLE-1(レッスルワン)」の公式応援サポーター「Cheer1(チアワン)」の緑担当。現在はソロのグラビアアイドルとして活動している。特技は「おっぱい占い」。埼玉県出身。撮影時の年齢は27歳。家庭教師に扮した里奈嬢が教え子の少年「ケイくん(ユーザーの分身)」と過ごす「ひと夏の(エッチな)想い出」がテーマとなっている。エアコンの故障で汗だくになった彼女。ノーブラのニットをまくり上げると、Gカップのおっぱいをプルルンと露出。「ハート形のニプレス」で乳首を隠しているが、それ以外は「(ほぼ)上半身裸」である。続いて、勉強の息抜きに海水浴へやって来た里奈嬢とケイくん。岩場の陰でビキニのブラを脱ぎ捨てたおっぱい先生は、「乳揺れランニング→乳揺れダンス」の悩殺コンボ。「三角ビキニ+ショートパンツ」の乳揺れエクササイズを挟んで、中盤は、バスルームでの混浴プレイ。「小タオル+ガラス棒」をケイくんの「ムスコ」に見立てて、ジュポジュポと手〇キする里奈嬢。「なんかイケない音が鳴ってるね」と意味深なセリフ。フィニッシュ後(?)、白いクリームでヌルヌルになった彼女の手のひら。27歳という里奈嬢の年齢を考えると「なにを頭に思い浮かべて握っていたのか」は明白である。V字水着のきわどい半裸シャワーを経て、後半は、棒状のキャンディーを再びケイくんの「ムスコ」に見立てて、「ぱっくん→疑似エッチ」という愛の合体シーン。騎〇位でプルルンと揺れるGカップ乳。さらに「バ〇ク→正〇位」でセ〇クスの課外授業(彼女いわく、『大人の秘密の方程式』)。そして、ラストは、赤い浴衣姿の里奈嬢と「汗まみれの卒業試験」である。最終的に一糸まとわぬ姿となるおっぱい先生。「なかなか(エッチの)偏差値高いね」と里奈嬢に褒められ、思わず唇にキスするケイくん(実際は唇へのアップ映像)。「エロさ」と「親しみやすさ」という、一見すると「相反するステータス」を奇跡的に両立する平崎里奈のキャラクター。例えるならば「明るくエッチな隣のお姉さん」である。

    参考になった1

  • 「尻派」「おっぱい派」で賛否が分かれる作品

    Dカップのグラビアアイドル「戸田れい」のデジタル写真集。2005年にグラビアデビュー。2016年に調理師免許を取得すると、「グラビアアイドル+シェフ」の二刀流アイドル「シェフドル」として独自の路線を開拓する。AV女優メインのアイドルグループ「恵比寿マスカッツ」に一時在籍。大手コンドームメーカーのイメージガールに就任した際には、「(日本人のカップルは)もっとセックスするべき」と熱く語っている。本作撮影時の年齢は30代前半。前半は「洋服→下着→全裸」の脱衣ショット。乳首こそ「鉄壁のガード」で隠されているが、尻に関しては「完全露出(モロ尻)」となっている。さらに、中盤はノーパンのスカートを大胆にまくり上げての疑似エッチ。当然、大事な部分は「画面外」となっているが、前貼りの有無は「カメラマン氏のみぞ知る」。大浴場での背面ヌードを挟んで、後半は、浴衣姿のセクシーショット。「尻はいくらでも見せるが、おっぱい(乳首)は絶対に見せない」という露出方針をかたくなに崩さないれい嬢。完全に「尻派」と「おっぱい派」で賛否が分かれる作品といえる。

    参考になった0

  • オール未公開カットの「もうひとひらのanemone」

    Gカップのグラビアアイドル「永岡怜子(ながおかれいこ)」のヌード写真集。2016年に「ミスフラッシュ」のファイナリストに選出される。グラビア引退後、2018年に女優へ転向。30歳の誕生日を機にフルヌードを解禁。現在は、鍼灸師として働くかたわら、マイペースでグラビア活動を復活させている。彼女いわく、「(タレントとしてはすでに)隠居中」。当時は「神が宿るカラダ」と絶賛されていたGカップのパーフェクトボディー。88cmのバストと56cmのウエストが作り上げる「奇跡のクビレ巨乳」。理想的なサイズの乳輪と薄茶色の乳首。芸術的なフォルムの美尻。ショートボブの良く似合う大人びたルックス。まさに「現代のヴィーナス」である。本人も認める「脱ぎっぷりの潔さ」も素晴らしく、全編にわたって堂々とおっぱいを露出。本作は、初ヌード写真集「anemone」で使用されなかったオール未公開カットで構成された一冊。いわば「もうひとひらのanemone」である。アナザーバージョン用に「温存していた」と思われるベストショットも多く、本編と共に要チェック。

    参考になった0

  • 神ボディーよ、永遠なれ

    Gカップのグラビアアイドル「永岡怜子(ながおかれいこ)」の初ヌード写真集。2016年に「ミスフラッシュ」のファイナリストに選出される。グラビア引退後、2018年に女優へ転向。30歳の誕生日を機にフルヌードを解禁。現在は、鍼灸師として働くかたわら、マイペースでグラビア活動を復活させている。彼女いわく、「(タレントとしてはすでに)隠居中」。当時は「神が宿るカラダ」と絶賛されていたGカップのパーフェクトボディー。88cmのバストと56cmのウエストが作り上げる「奇跡のクビレ巨乳」。理想的なサイズの乳輪と薄茶色の乳首。芸術的なフォルムの美尻。ショートボブの良く似合う大人びたルックス。まさに「現代のヴィーナス」である。本人も認める「脱ぎっぷりの潔さ」も素晴らしく、全編にわたって堂々とおっぱいを露出。「ホテル→ビーチ→大浴場→野外」とロケーションを変えつつ、三十路の裸身をこれでもかと見せつけてくれる一冊。芸能界をリタイア後も「ファンクラブ継続」「写真集発売(完全新作)」とファンからの変わらぬ支持を集めている怜子嬢。まさに「神ボディーよ、永遠なれ」である。

    参考になった0

  • AV女優と親交が深い「脱げるセレブアイドル」

    音大出身のグラビアアイドル「三田羽衣(みたうい)」のヘアヌード写真集。デビュー以来、グラビアアイドル、女優、レースクイーン、ラウンドガール、モデルとマルチに活動。2016年8月、AV女優主体のアイドルグループ「恵比寿マスカッツ」に加入(2020年7月脱退)。彼女自身はAV出演経験はないが、プライベートでも数多くのAV女優と交流を持っている。序盤早々、ブラジャーをまくり上げての乳首解禁。続いて、パンティーをずり下ろしてのモロ尻露出。畳の和室で一糸まとわぬ姿となると、まるで自らのワキの下をペロッと舐めるような妖艶なポーズ。さらに、中盤は、温泉旅館での全裸入浴。ヒザ立ちで掛け湯をする芸術的な背面ヌード。湯船にプカプカと浮かぶ桃のような美尻。小さめの乳輪と茶色い乳首。85cmのFカップ乳。全裸四つん這いのきわどいセクシーショット。そして、本作のメインといえる浴衣姿の疑似エッチ。あらゆる「体位」で想像上の恋人と「寝乱れる」羽衣嬢。裕福な家庭に生まれ、「三田夫人」の愛称で親しまれる彼女。芸能界屈指のセレブ美女であるが、非常に「AV女優と親和性の高い(惜しみなく脱げる)」アイドルといえる。

    参考になった0

  • 「ヌード→セミヌード」で露出面は一気にトーンダウン

    多摩美術大学卒業のFカップアイドル「朝比奈祐未(あさひなゆみ)」のセカンド写真集。在学中はコスプレイヤーとして活動。2016年6月にグラビアデビュー。愛称は「ひなけつ」。単独の写真集としては約2年ぶりのリリースとなる。前作が「ヘアヌード」とあってか、「それ以上(もしくは同等)」を求めるファンの期待が高まったが、露出面でいえば一気にトーンダウン(ヌード→セミヌード)している。前半は、チョウの形をした大型のニプレス。中盤は、ホタテ貝の形をした大型のニプレス。そして、後半は、乳輪がすべて隠れる大量のクリーム。モロ尻露出の下半身ヌードといった「攻めた一枚」もあるが、基本的には、着衣での控えめな表現となっている。「脱ぐことにまったく抵抗がない」と以前インタビューで語っていた祐未嬢。「お尻は出し惜しみしないが、おっぱいは出し惜しみする」という、独自の露出哲学。「尻派か否か」でユーザーの評価が分かれる一冊。デビュー作でヌード解禁すると、「2作目のハードル」がどうしても高くなるのが難しい部分といえる。

    参考になった0

  • 職業「おっぱいを見せる人」

    Gカップ女優「平塚千瑛(ひらつかちあき)」のヘアヌード写真集。山形県出身。2011年に「ミス・アース・ジャパン」のファイナリストに選出。2013年に「ベストボディ・ジャパン」のグランプリを獲得。女優・モデル・グラビアアイドルとしてマルチに活動している。今回は「人妻」「OL」という2つのテーマ設定となっている。序盤は、スーツ姿でデスクワークに没頭するオフィス編。ポニーテール姿のアグレッシブな表情。左手の薬指にキラリと光る結婚指輪。続いて、愛する夫の待つマンションへ帰宅した千瑛嬢は、「スーツ→エプロン」へと着替える。「夜の営み」に備えて、バスルームでシャワーを浴びる彼女。たわわに実ったGカップ乳とプリッとした美尻。ドアの隙間からのぞき見るようなカメラアングル。風呂上がりの火照った身体でソファーへ寝そべる彼女。そして、裸のままでベッドへ横たわると、愛する夫に抱かれるように官能的な表情を浮かべる。すでに映画の濡れ場とは関係なく、「裸を見せるために裸になる」ヌードモデルへと路線転換している千瑛嬢。言ってみれば、現在の職業は「おっぱいを見せる人」。AV女優ではない、現役の一般女優で「(定期的に)脱いでくれる」のは、実に貴重といえる。

    参考になった0

  • 失踪アイドルから売れっ子AV女優へ

    Fカップ女優「羽咲みはる」のヘアヌード写真集。2010年に芸能界デビュー。3人組アイドルユニット「GALDOLL(ギャルドル)」のリーダー(当時の芸名は『西永嶺花』)として活動するが、2012年12月に突然の失踪。無期限休業を経て、2016年にAV女優へ転向。本作撮影時は20代後半。まずは、スタジオのキッチンで「キャミソール→全裸」。AVデビュー翌年とあってか、さすがの脱ぎっぷりといえる。黒レースの大人っぽいコスチュームを挟んで、一糸まとわぬ姿の入浴シーン。さらに、屋外でビキニのブラジャーをまくり上げてのトップレス画像。「和室→ベッド」のヘアヌードを経て、ビリヤード場でキューを胸の谷間に挿入するセクシーショット。タンクトップの中へカメラを潜り込ませてのローアングルショットでは、トレードマークの「ぷっくり乳輪」をじっくりと鑑賞できる。そして、後半は、ノーブラのワンピース姿で大胆におっぱい露出。まだ「アイドル」としての面影を残しつつ、当時すでに10本を超える作品へ出演していた「AV女優」としての色香を漂わせている。

    参考になった0

  • 元カレへの腹いせにヌードになった三十路のおっぱい女優

    Gカップ女優「平塚千瑛(ひらつかちあき)」のヘアヌード写真集。30歳を機に発売されたファースト写真集「Birth」の未発表写真で構成されたアナザーバージョン(もうひとつの『Birth』)である。本作撮影時は、まだ29歳。2011年に「ミス・アース・ジャパン」のファイナリストに選出される。2013年に「ベストボディ・ジャパン」のグランプリを獲得。女優・モデル・グラビアアイドルとしてマルチに活動している。のちに地上波のTV番組で「知名度アップ」と「(グラビア仕事に理解がなかった)元カレへの腹いせ」でヌードになったと告白。序盤早々、ワンピース(ノーパン)の裾をまくり上げて、「尻」と「局部」を露出する千瑛嬢。続いて、「脱衣→全裸」であっさりと「ナマ乳」を解禁。ジャストサイズの乳輪と薄茶色の乳首。理想的なフォルムのGカップ乳。「手ブラで隠す」「後ろ向きになる」といった「もったいぶる」行為もいっさいなく、堂々と「すべてをさらけ出す」彼女。さらに、中盤は、ベッド上で一糸まとわぬ姿のセクシーショット。パンティーを太腿までずり下ろした鏡面ヌードは特にエロティック。おっぱい丸出しのSMコスチュームを挟んで、後半は、全裸で川に寝そべるおっぱいマーメイド。AVレベルの豪快な脱ぎっぷりで、「現役女優のおっぱい」をたっぷりと拝めるマニア垂涎の一冊といえる。

    参考になった0

  • 9つのグループを渡り歩いた「最多移籍アイドル」

    Gカップの巨乳アイドル「天羽希純(あまうきすみ)」主演によるデジタル写真集。現在は、アイドルグループ「#2i2(ニーニ)」のメンバー。本作撮影時は20代前半。2013年にデビュー。芸能事務所「アリスプロジェクト」所属のアイドルグループを転々とした後、2014年に事務所退所。以降も「事務所移籍」と「アイドルグループ加入→脱退」を繰り返している。おそらく過去に所属したグループ数(9グループ)は、アイドル史上最多。愛嬌のあるルックスと84cmの美巨乳で、グラビア雑誌の常連モデルとなる。本作では、コスチュームとロケーションが入れ替わるだけで、基本的に「ほぼ一緒」の内容。露出はかなり控えめで、ポージングも大人しく、レビュアー泣かせの「変わり映えのない」写真集といえる。かといって「悪い部分」も特にないため、完全に「モデル本人を好きかどうか」で評価が分かれる一冊。

    参考になった1

  • 「おっぱい」と「エロ」で無双するグラビア界の絶対王者

    Iカップの爆乳アイドル「藤乃あおい」主演によるイメージビデオ。石川県出身。「年間売上ナンバーワン(2020)」「グラビア・オブ・ザ・イヤー(2021)」の超売れっ子。100cmの爆乳(加賀百万石バスト)を武器に「何を着せても超エロい」生まれ持ってのダイナマイトボディーである。まずは、エッチな爆乳メイドに扮したあおい嬢が「ご主人様(ユーザー)」におっぱい奉仕するという、実にけしからんシチュエーション。序盤早々、「メイド服脱衣→V字水着」の大胆な脱ぎっぷりを見せてくれる彼女。続いて、ビキニ姿の混浴プレイでは「ご主人様のタオルの中身」をゴシゴシと手でこすり上げる。「(石鹸の匂いがする)どこかのお店」で見たことがあるような光景。さらに、中盤は「仲のいい先輩の細長いキャンディー」を咥えるタンクトップ姿のペロペロ奉仕。明らかに「プロ」と分かる強烈な舐め方で、業界ナンバーワンのテクニックを拝ませてくれる。その後、ハミ乳全開のビキニ姿でビーチを全力疾走するあおい嬢(スロー&リピート再生推奨)。そして、後半は、ローションをたっぷりと使ったぬるぬる全身マッサージ。おっぱいとお尻が「白い汁まみれ」になる映像は、完全に「A〇のフィニッシュシーン」である。クライマックスは、セクシーな下着姿の疑似エッチ。「100cmの爆乳」と「あからさまなセ〇クス描写」で、他の追随を許さないグラビア界の絶対王者。おまけに「ルックスも抜群」となれば、少なくとも「あと5年」は彼女の天下といえる。

    参考になった0

  • 「脱いでいる方が自然体」の全裸女優

    アイドル出身の映画女優「和田瞳」のヌード写真集。子役タレントを経て、2016年にアイドルグループ「スマイル海賊団(通称『スマパイ』)」のメンバーとなる。2018年に同グループ解散。以降は、女優・グラビアアイドル・レースクイーンとしてマルチに活動。2020年の初主演映画「悲しき天使」の遊女役で大胆な濡れ場を演じると、同作のプロモーションを兼ねたヌードグラビアを様々なメディアに掲載。「脱げる若手女優」として注目を浴びる。本作撮影時は、25歳。序盤は、黄色いビキニ姿の実に爽やかなイメージショット。ホテルの一室で「パンティー→ブラジャー」の順に脱ぎ捨てると、大胆に一糸まとわぬ姿となる。小さめの乳輪と茶色い乳首。推定Cカップ(86cm)の控えめなおっぱい。左乳首の横にある「ホクロ(乳ボクロ)」がトレードマークである。鏡台の前に座ってのメイクシーンでは、キャミソールの胸元から「あえて」乳首をポロリさせる挑発行為。さらに、中盤の全裸入浴シーンでは、「前貼りナシ」で片脚をガバッと上へ上げる瞳嬢。本編では「ギリギリ見えないアングル」が採用されているが、現場のスタッフには「明らかに(アレが)丸見え」と推測される。そして、極めつけは、「全裸四つん這い」の禁断ショット。しっかりと「角度調整」こそ施されているが、完全に「AVのワンシーン」である。「脱ぎ過ぎて感覚がマヒ」しているのか、「全裸シーンの方が(表情等が)より自然体」といえる。「(地下)アイドルのセカンドキャリア」として「成人映画出演→ヌード解禁」の流れが定番化しつつある昨今。「脱げる子」と「脱げない子」で、その後の人生が大きく変わる「ハダカ一貫」の大勝負である。

    参考になった0

  • 女芸人が「(ネタではなく)本気で脱いだ」ヌード写真集

    かつての人気お笑い芸人「中島知子」の初ヌード写真集。1993年にお笑いコンビ「オセロ」を結成(相方は『松嶋尚美』)。その後、プライベートの金銭トラブルで芸能界を無期限休業。2013年にコンビ解散。以降は、フリーのマルチタレントとして「ヌード解禁」「アダルトビデオ制作(監督のみ)」といったセクシー路線へ活動をシフトしている。本作撮影時は40代前半。序盤早々、シースルーのキャミソール姿で「透け乳首」を披露する。続いて、古いアパートの一室であっさりと「全裸解禁」。胸の谷間に「氷の塊」を挟んだ意味深なセクシーショット。もっとも、中盤は、着衣のシーン多めで、露出は一気にトーンダウン。このまま写真集の「幕が下りる」と思いきや、後半は「シースルー下着→全裸」で、四十路女の完熟ボディーをこれでもかと見せつける。小さめの乳輪と茶色い乳首。程よいサイズの乳房。女芸人屈指と称えられた美貌は健在であるが、年齢的に「脱ぐには遅すぎた」感は否めない。それでも「笑いのネタ」ではなく、女芸人が「本気で脱いだ」という事実は、なんとも衝撃的である。

    参考になった1

  • (ヌード解禁までは)衝撃(だったはず)のファースト(セミ)ヌード

    Fカップの巨乳アイドル「京佳(きょうか)」主演による(セミ)ヌード写真集。アイドルグループ「夢みるアドレセンス(夢アド)」の元メンバー。2019年に同グループを卒業後は、グラビアアイドル、歌手、ネット配信、社長業(ファッションブランド)とマルチに活躍。「下着→ビキニ」のセクシーショットを経て、突然の「お尻ヌード(モロ尻)」を解禁。さらに、中盤は、一糸まとわぬ姿のベッドシーン。抱きかかえるような鉄壁の手ブラで乳首こそ「絶対NG」であるが、その分、「お尻はいくらでも見て」と豪快に露出する。そして、後半の全裸シャワー&入浴シーンでも「おっぱい死守」「お尻大解放」の姿勢に変化ナシ。本作リリースの翌年(2022年3月)に乳首を完全露出した正真正銘のヌード作品(本人いわく、『最初で最後の本当のフルヌード』)を発表しているため、単に彼女の全裸を拝みたいユーザーは、「本作以前の作品はすべてスルー」を推奨。一方で「手ブラ」「ナマ尻」にこだわりがある諸兄には「見て損はない」といえる内容。あくまで本作の「セミヌード」あっての、のちの「フルヌード」である。

    参考になった0

  • グループ卒業後に「セクシー路線転向」のFカップアイドル

    Fカップの巨乳アイドル「京佳(きょうか)」主演によるイメージビデオ。アイドルグループ「夢みるアドレセンス(夢アド)」の元メンバー。2019年に同グループを卒業後は、グラビアアイドル、歌手、ネット配信、社長業(ファッションブランド)とマルチに活躍。本作の舞台は、沖縄。大財閥の社長令嬢に扮した彼女と執事(ユーザーの分身)による「お忍び旅行」というシチュエーションである。序盤早々、大胆なビキニ姿でたわわに実ったFカップの巨乳を解放する京佳嬢。「ちょ、ちょっと。ダメ、ダメ、ダメぇぇぇぇ」日焼け止めクリームを塗っている最中におっぱいをギュッと鷲づかみするエロ執事。続いて、プルンプルンとおっぱいを揺らしての砂浜散歩。完全に開き直った彼女は、「乳揺れ→乳寄せ」のセクシーショットを連発する。ビキニ姿のシャワー&入浴シーンを経て、中盤は、ハミ乳全開の「シースルーV字水着」で執事(ユーザー)を悩殺。さらに「ブラジャー+短パン」姿のエクササイズでは、寄せて、揺らして、寄せて、揺らしてのおっぱい攻撃。スーツ姿の「アイスキャンディー舐め(舐め方が意味深)」を挟んで、後半は、「ビキニ+大量ローション」のぬるぬる乳揺れダンス。おっぱい汁まみれで豪快に踊りまくる姿は、「脱アイドル→セクシー路線」の彼女を象徴するシーンといえる(アイドル時代は絶対に『NG』)。そして、クライマックスは「全身マッサージ→セミヌード(ノーブラのワイシャツ姿)」の衝撃コンボ。のちに「ヘアヌード解禁→グラビア引退」でネットを大いに騒がせた京佳嬢。推しメンの「エロ転向」に複雑な思いの古参ファンとは対照的に「よくぞ脱いでくれた」と歓喜する一般ユーザー。とにかく「ヌード写真集(乳首解禁の静止画)」片手に本作(ビキニの乳揺れ動画)を鑑賞するのが、「もっとも効果的な(京佳のおっぱいの)使用法」といえる。

    参考になった0

  • シオリノインム

    動画

    購入・利用済み

    「脱ぎっぷりが良すぎる」Hカップ女優の「エロ」に特化したホラー

    Hカップ女優「松川千紘(まつかわちひろ)」主演によるエロティックホラー。「2分に1回、ホラーかエロ!」という「(監督氏いわく)頭の悪そうなコンセプト」でカルト的な人気を誇る一本。ヒロインの詩織役を務めた千紘嬢は、のちに某サイトのインタビューで「(成人映画のおっぱい要員として)雑に脱がされた」と証言している。毎晩、幽霊にレ〇プされるヒロインの「淫夢(インム)」を描いた作品であるが、最初から「エロ(Hカップのおっぱい女優を脱がせる)」を目的に製作されているため、「ストーリーはあってないようなモノ」といえる。AVにおける「シチュエーション」と一緒。従って、本レビューでは「詩織(松川千紘)のエッチなシーン」のみを紹介する。まずは、正体不明の幽霊(実際は『生身の男優』)に初めて襲われるシーン。就寝中に幽霊の手によってパジャマを脱がされた彼女は、「乳首を人差し指でピ~ンと弾かれた瞬間」にハッと目覚める。続いて、二度目の襲撃シーンでは、「乳揉み→乳首舐め」の大胆なプレイ。下着および着衣の濡れ場シーンを経て、中盤、勤務先のレストランで就業中に「見えない何者か」にレ〇プされるヒロイン(千紘嬢の『一人芝居』)。そして、後半は、職場の後輩ユウスケと全裸セ〇クス。お互いに一糸まとわぬ姿でからみ合う強烈なシーン(ベロチュー・乳首舐め・疑似挿入)。さらに、エンディング直前に「全裸で中庭を徘徊する」野外露出のサービスショット。「エロ」を売りにしている時点で「ホラー」の要素は、ほぼ皆無である。撮影当時、すでに「20代後半」で、「(女優として注目されるには)脱ぐ以外に選択肢がなかった」ヒロイン役の松川千紘。本作と同時進行で初のヘアヌード写真集(『女優だから、脱いだ』)を出版している。

    参考になった2

  • 「ノーダイエット」で撮影に臨んだ齊藤京子の「作戦勝ち」

    国民的アイドルグループ「日向坂46(旧けやき坂46)」の人気メンバー「齊藤京子」のファースト写真集。「きょんこ」「おきょん」の愛称で知られる同グループを代表する中心メンバー(『日向坂の顔』)である。初の単独写真集である本作は、累計発行部数「15万部」超えの大ヒットを記録。学生時代に過激なダイエットで痩せすぎた反省を踏まえて「(本人いわく)フツーの体型」を目指した一冊となっている。序盤は、キャミソール姿で「おにぎり」を作る愉快なシーン。海岸線を自転車で走る爽やかなショットを挟んで、中盤は白いビキニ姿で推定Dカップの巨乳をたっぷりと拝ませてくれる。さらに「浴衣→脱衣」による衝撃の「全裸入浴」である。上半身のみの画像とはいえ、「写っている部分はいっさい何も着ていない」のは、確かな事実。ワンピース姿の「(あざとい)胸チラ」を挟んで、本作一番の「見所(抜〇所)」である下着姿の乳寄せショット。両肩のサスペンダーであらかじめ中央にグッと寄せられているおっぱいをさらに両腕でギュッと寄せ集める「寄せて寄せて方式」。それによって推定Dカップの胸の谷間が推定Gカップへとボリュームアップ。彼女特有の幼い表情と山のように盛り上がったおっぱいとのギャップでユーザーの股間・・・心をガシッと鷲づかみする一枚となっている。そして、後半は「レストラン→ホテルのベッド」という、実に意味深な構成となっている。翌朝、下着姿で無防備にハミガキをする彼女。「坂道系」という正統派の国民的アイドルで、ここまで大胆なセクシーショットを「解禁」したのは、極めて異例といえる。それは「痩せ型」よりも「むっちり型」が圧倒的に大好きな日本のアイドルファンのために「あえてノーダイエットで撮影に臨んだ」齊藤京子の「作戦勝ち」といえる。

    参考になった0

  • 「贖罪」と「覚悟」のヌード解禁

    人気ファッションモデル「道端アンジェリカ」の初ヌード写真集。福井県出身の35歳(撮影当時)。同じくファッションモデルの姉「ジェシカ」「カレン」と共に「道端三姉妹」として知られる。アルゼンチン人と日本人のハーフ。二児の母(本作リリース直後に第二子出産。のちに韓国人の夫と離婚)。2005年に有名ファッション雑誌の専属モデルとなる。2019年にプライベートのトラブルによって無期限活動休止。翌年、モデル活動を再開すると、芸能人としての再起を賭けた「覚悟のヌード写真集(本作)」を発表する。序盤早々、ノーブラのニット姿で登場すると、胸元をはだけて「左乳首」を完全露出。茶色い乳首と理想的なサイズの乳輪。86cmのおっぱいは、「30代」「経産婦」とは思えない美しさである。さらに、中盤は、Tバックのパンティー姿で88cmの美尻を披露。シースルー下着(透過率80パーセント)による「透け乳首」のセクシーショットを経て、後半は、一糸まとわぬ姿の入浴シーン。本作一番の見所といえる「手ブラ失敗→両乳首ポロリ」のハプニング(ある意味、堂々と乳首を見せるよりもよっぽど卑猥といえる)。「いつでも脱げる体」というモデルとしてのモットーを証明するべく、「本当に脱いでみせた」アンジェリカ嬢。予想をはるかに上回るパーフェクトボディー(特におっぱい)。道端三姉妹の「全盛期」を知っているファンにとっては、まさに待望の一冊。

    参考になった0

ページのトップへ