ヘルプ

レビュー情報

ビタミンQさん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    115

  • 参考になった

    300

並べ替え

  • 藁の楯 わらのたて

    DVD/CDレンタル

    シーンが途切れ過ぎ 役者がキレ過ぎ 都合が良過ぎ

    日テレ系の映画にはガッカリされる事も多く今回も期待を見事に裏切られました。
    懸賞金をかけられた犯人を移送する警察官の話です。
    ところが、ストーリーを盛り上がらせるため次々と行く手を阻む相手が現れ移動手段を変え過ぎます。
    警官役は同僚にも犯人にも直ぐにキレるし、懸賞金を狙った訳の分からないスナイパー役もキレまくる。しかもその演技が稚拙であり毎回なので見飽きてしまう。
    新幹線の車内で銃撃戦。乗客の安全は二の次という設定。
    警察官なのに新幹線は乗っとるし遂には道路をテクテク歩くとか呆れる展開。
    警官も犯人も殺され過ぎて至るところが現実離れし過ぎています。
    映画や読み物という事を含んで鑑賞してもつまらない。

    参考になった21

  • g@me.

    DVD/CDレンタル

    若者の恋愛映画が苦手だという方にお薦めします。

    昭和に初恋を経験した世代なら分かる初恋映画のようです。
    そういう思いをテーマにしながら現代風にアレンジし、サスペンスの要素を取り込んだ良い作品です。

    大声も上げず。感情的にならず。自分の中でしっとりと築きあげる恋心。
    始まって間もなく、随分昔に何かで見た映画の記憶が…
    そうそう、原田知世主演の時をかける少女と音楽の使い方や映像が何となく近いことに気付きます。
    あの映画も昭和の初恋がテーマでしたね。
    全体の設定とテンポが良く、役者さんの持ち味が見事なのでドンドン話に引き込まれていきます。
    気持ちが良く分かるので懐かしさなのか目頭が熱くなります。終わり方としては私的には裏切られましたが、それもまたこの二人の愛だったのだと思わせてくれます。
    ただ。彼女からのメッセージを見終わったあと、エントのBGMが今までの時間を台無しにしてくれたのは残念。

    参考になった0

  • タブーを描いた

    こんな事が無いことばかりを願っている自分と日本にとってはタブーな作品だと思います。
    心が傷んで見るに耐えないシーンもあります。
    だけど映画だけじゃなく、目線を変えれば学校や家庭、職場でも弱者に対する虐待が有ることを改めて考えさせられます。
    日本でも似たようなテーマを扱った映画はありますが、ここまで真剣に向き合った作品は無いかも知れません。
    他人が苦しむ事は自分も悲しいから知らない方がいい。
    これがが関わりたくない。になってはいけない。
    このほうが現実から目を背けるタブーなのかも知れません。
    決して楽しい映画ではありませんが、この作品を見れば何かを得ることが出来ると思います。

    参考になった6

  • カラスの親指

    DVD/CDレンタル

    考えられた映画で楽しいですよ

    サスペンス的な軽い要素と人情。それに僅かなコメディを足した作りの映画です。
    これを中途半端だと評価する方には面白く無い映画でしょう。

    長いと思うストーリーは良い所を端折ってしまう映画もあるなかで、この作品はラストに繋がる一つ一つの話になっており、それを丁寧に展開しているからだと思います。
    自然な時の流れに近く作りこまれているため良いとこだけ切り取った映画とは違い、映画の数日数年分を実時間のように錯覚してしまい長いと感じるかも知れません。
    解散したあとのラストでストーリーの始まりに戻るのですが、ここまでくる間にストーリーをある程度理解してしまった人には印象の薄い映画になってしまうかも知れません。

    でも作りは丁寧でテーマも良く、出演者の演技も自然に近くて良い作品だと思います。

    参考になった3

  • 鍵泥棒のメソッド

    DVD/CDレンタル

    少しマヌケな登場人物が最高にいい

    それぞの役者さんが持っている演技力の良い所だけを寄せ集めた傑作と言える作品ですね。
    香川さんの幅広い演技力には迫力を感じてしまい、つい悪役だと思って見始めてしまったけど実は…。
    やがて香川さんの役にホッして見れる自分が。
    広末さんの「タイムマシーンは洗濯機」依頼と思える天然がいい具合にストーリーを進めていきいます。
    境さんの表情がいつもと違い、小心者のマヌケっぷりも非常に面白い。

    笑わせたかと思ったら驚かされる。
    泣きそうになったら次の瞬間笑わされるというテンポ良く計算されたストーリーで最後まで楽しめます。
    人間味ある愉快で爽快。あまり日本では作られて来なかったラブコメディの傑作と言えるでしょう。

    参考になった11

  • トレーニング デイ

    DVD/CDレンタル

    物語の柱は「筋道」 いい映画です

    開始して間もなく筋道無く私利私欲に満ちた目に余るボスの悪徳ぶりが描かれてきます。
    一方コンビを組むことになった新人は警官としての信念をどこまで通すことができるのか、最後までハラハラしながら見ることになります。
    葛藤しながら警察官としての基本を貫いてきた新人には次々罠が仕掛けられてきます。
    これで最後かと思った時、命を救うことになったのは予想外にも警官としての市民を守るという基本的な筋。
    なるほど、あのシーンはここに繋がっていたのか!と唸らされます。
    悪を精算するため立ち上がった彼を犯罪者にさせてはならない。
    これ以上の勝手は許さない。そうした筋道から協力してくれたのは意外な人物。
    なんか丸くおさまった感が少しだけ物足りなくも感じるけど、これが皆にとって最善の策だったんだろうな?と思わせるところも上手い映画だと思います。

    参考になった0

  • 自虐の詩

    DVD/CDレンタル

    こういうのも良い

    発売当時に見てましたが5年ぶりに改めて見てみました。レビューを書いてなかったので投稿します。
    男女で評価が異なる映画かも知れません。
    50代男性の私には何故か懐かしいようでもあり、彼が彼女に対する深い思いも分かる気がします。

    声高に人前で「愛してる!」を連呼する青春恋愛映画が溢れてる中、コメディと称しながらしっかりツボを抑えたこういうのは大いに有りだと思います。
    辛い事なんて無いほうが良いのですが、一生懸命生きてきた!。という人物の回想を含む描き方は少なくとも私を引き込む手法として良かったと思います。

    不器用だけど本当に愛し合ってる二人は、お互いに足りない部分を補う事のできる自分に生きてる価値を見出す。
    もっと素直になればいいのに。と思ってしまうけど応援してしまいたくなる。
    きっと何処かにいるんだろうな?こういう二人。
    これからは三人幸せになってね!と素直に願える映画でした。

    参考になった0

  • 歩いても 歩いても

    DVD/CDレンタル

    作り込んでる感が強くてダメでした

    敢えてタイトルは書きませんが、似た内容の作品は今までに何作も見た覚えがあります。
    どれもが親父と息子の考えに距離があったりするのもお決まりの設定。
    全体的に良き普通の家族感を全面に出そうとしたのでしょうが、YOUさんの天真爛漫、子煩悩なママ的振る舞いには見飽きていますし、原田さんの頑固な親父役…また同じか…。という感じでこの映画には距離感あって入り込めません。

    皆で協力して料理を作ってるシーンと全員で食べてる食事のシーンが多いけど何故か空気が重い。
    それを家族の会話とか団欒という意味で使っているのは分かりますがその度にわざとらしさと中だるみ感を覚えます。

    助けてもらった人を呼んだり、それに対して父親が一言苦言を呈する。蝶が舞い込むなど全体的に作り込み過ぎた感が強すぎます。
    残念だけど、日常のテーマだけにどこか家族とかけ離れた作り物という気がしました。

    参考になった1

  • 夢売るふたり

    DVD/CDレンタル

    序盤は退屈かも?だけど良い作品です

    随所で絆の強い夫婦であることを描きながら物語は展開します。
    自分たちの夢を叶える方法として詐欺をしながらも本気で相手に同情してしまうお人好しの夫。
    夢実現のためだと思いながらも女の所へ行く夫に嫉妬する妻。
    店の再起という自分達の熱い夢があるからこそ、他人が思う様々な夢や苦悩を我がごとのように感じてしまいます。
    やはり他人の夢を自分たちのせいで壊すことができなかったお人好し。
    それぞれの形で他人から奪いかけた夢に償いをしていく。
    二人の夢とは店を持つ事ではなく、愛するものと暮らし続けるという原点にあった。
    それをラストで描いている気がします。
    そして映画を見ている者が「どうか皆の夢が叶いますように!」と願ってしまう作品だと思います。
    夫婦役を演じる二人の俳優さんに対するイメージが良い意味で変わる作品でもあります。

    参考になった3

  • 暴力脱獄

    DVD/CDレンタル

    長く記憶に残るポールの名作

    30年くらい前に地上波で放送しているのを見たのが最初です。
    ポール・ニューマンの作品には現代の俳優には無いカッコいい男の魅力が沢山あります。
    中でもこの映画は30年経っても鮮明に覚えていられるニューマンが居ます。
    前後して公開されたスティーブ・マックイーンの大脱走と並ぶ甲乙付けがたい名作。
    人が何かに対して持っている信念のようなものに対して共感を抱きながら見てて痛快。
    しかし最後は現実という厳しい結末を目の当たりにします。
    映画作りと名優というものの原点が詰め込まれている一作だと言っても過言ではないかもしれません。

    参考になった1

  • さや侍

    DVD/CDレンタル

    映像からは伝わってこない

    制作の現場では面白かったのかも知れない。
    しかし、背景が全く見えない出来上がった映画となった以上はこれが全て。
    何かの期待感のようなものを持つから最後まで見てしまうが、
    その道のりが果てしなく退屈で仕方がなかった。
    何度も繰り返される同じようなシーンがあるので監督の何かしら強い思い込みは分かるのだが、
    腹八分目も通り越すと眠くなるものです。

    参考になった2

  • 大奥<男女逆転>

    DVD/CDレンタル

    イケメン好みの釣り映画?

    一時日本の映画が駄目になった時期に良く上映されていた作品に近いですね。
    とりあえず見るDVDもなくなったので借りてみましたが、
    何をテーマとしたいのかピンと来ないのがこの映画。
    ストーリーは奇抜だし出演者は話題になるとか、
    出演者個々のファンが幅広く見てくれるだろう。
    そんなレベルの映画でしかありませんでしたね。
    何しろ主役に至っては表情に乏しすぎ、目力というものは全然なく武士としては厳しすぎる。
    子供が泣きそうなのか、近視の人が目を細めている程度のことしかできていない。
    台詞の表現力にも乏しく登場シーンの至る所で醒めてしまう。
    お金を頂き芸を見せるという粋に入っておらず、タダで見れるテレビドラマでどうぞ。
    そういう後味の作品だった。
    ただし最後まで見れた作品ということで、他の出演者に助けられているのは確か。
    そのため「非常に悪い」だけは免れました。

    参考になった2

  • 誘拐ラプソディー

    DVD/CDレンタル

    お時間あったらご覧になってください

    小心者で根は善人だけど、ちょっと間の抜けた主人公の元に家出をしてきた子供を誘拐するところから逮捕されるまでのドラマです。
    ガチガチのサスペンスではなくコメディーの要素を随所に盛り込んだ映画です。
    話の展開は読めてしまうのですが飽きる事無く見せてくれます。
    誘拐された子役の演技は見事で、それが主人公の間抜けな部分を時にはカバーしながら時には悪戯をしている友達同士、時には男同士の親子として微笑ましく映るからではないでしようか。
    母親役のYOUさんも普段とは違うイメージで我が子を心配する良い演技を後半で見せてくれるほか、登場する役者さんそれぞれが良い味出してくれてます。
    終盤のシーンには感動させられてしまいます。
    是非お父さんに見て欲しい映画ですね。

    参考になった0

  • 鉄道ファンなら面白い?

    運転士を決意するに至った前半の説明は色んな理由が出てきて締りがなくダラダラとしているので苛々しました。

    サラリーマン時代の会社はセットの狭く殺風景な事務所のシーンでの1対1のやり取りを何度も見せられ飽きます。
    中井さんの役柄に時々出てくる良い人過ぎるお節介屋さんにもややウンザリします。
    高島さんの表情に乏しい演技には馴染めません。
    その他の役者さんもお決まりの演技しかできてなくて、この人は何をやっても同じなんだな。
    というのを実感してしまう内容でした。

    本当の鉄道ファンからは突っ込みどころ満載なのかも知れませんが、頑張っている人の姿を鉄道と田舎をテーマに持ってきたのは斬新で良かったと思うだけに、
    アレもコレも入れるのではなくもう少し整理された作り方があったように思います。
    ライトシーンは予想通り大袈裟ですが感動的に描かれているので「普通」としました。

    参考になった6

  • 時をかける少女

    DVD/CDレンタル

    一生懸命さは伝わりますが感動しない

    前作をリアルタイムで見ていた者として、角川映画という新しい世界に衝撃を受けた者としての感想です。
    この作品を初めて見る方やファンの方とは対照的な評価になると思います。

    前作は全体的に神秘的な雰囲気を演出するため出演者が穏やかで控えめな演技をしているのに対し、
    この作品は主人公の熱が入りすぎた一生懸命すぎる演技が稚拙で、他の共演者より浮きすぎているという印象です。
    前作と今回は全く別の映画として見るにしても、この作品ではチャライという言葉がピッタリという感想。
    この作品には「迫りくる切なさ」というものが薄っぺらく、再会というラストシーンの描き方も前作を模写しているわりに感動がなく残念でした。

    参考になった10

  • 無名の割りに良い出来です

    劇場未公開作品らしく有名な俳優も参加していません。
    俗に言うB級映画になるんだと思いますが良く作りこまれています。

    もう少し予算が有って有名俳優を起用していたとしたら、間違いなく宣伝効果により話題作品に成りえていたと想像させます。
    ど派手でスリリング満載とまで行きませんが、下手に前置きを長く引っ張られるよりも、淡々と意外な結末まで持っていくところは物足りなさは有っても最後まで目を離さず見れます。
    下手に有名俳優を起用し格好良いアクションを押し付けられる作品より良いと思います。
    原点回帰したような作品ですからサスペンスアクション好きの方でも息抜きに楽しめると思います。

    参考になった1

  • 先入観持たなければ良い映画だと思います。

    全く期待しないまま再生してみましたが非常に楽しみめる作品でした。
    多少のスリル。
    多少のユーモア。
    多少の感動。
    有る意味中途半端で退屈するという内容にもなりかねないと思います。

    この映画には追われる理由も特に必要なく、言うなれば現代社会の中で我慢し続け別人のように生きてる人の一コマ。
    犯罪だけではなく仕事や学校に追われている全ての人に対し、
    「本当の貴方には逃げていく場所や真に理解してくれる人が居ますか?貴方は誰かを真に理解することができますか?」
    というメッセージ性が込められているように思うので、この映画では真犯人などは敢えて省き逃走劇に関わってくる人だけにしたのが良かったと思います。

    役者さんもこの映画の中ではイメージどおりの面白い個性を出しています。
    権力の影に潜む仕組まれた構図と裏切りは整形された現代人の象徴ですかね。
    ラストの粋な作りも昭和な描き方だけどGoodでしたよ。

    参考になった1

  • アバター

    DVD/CDレンタル

    好きな人しか楽しめない

    3Dという新しい技術や監督にまつわる話題性で大々的に繰り広げられた宣伝につられて、見ようという気になった人が多かった映画というだけで周りに聞くと評価は高くないです。

    序盤で完全に結末はわかるし、ここまでCG三昧だとアニメで良かったんじゃない?
    しかもアニメでなら今までに似た作品があったんじゃないかな?とというのが私の感想です。
    ただCGがチマチマせず映像的にスケールが大きい。という点では優れていると思いますが、一つの映画として評価するなら技術点以外では評価できない映画です。

    参考になった2

  • 継続は力なり

    映画館で散々予告を見ても「面白くなさそう」と思ってDVDが出るのを待った作品です。
    「電車男」的な乗りの映画とも言えるかも知れません。

    前半はバラバラの社員を紹介するようなシーンがダラダラと続き面白くないのですが、
    中盤から誰がどうなるのかを知りたくて結末を期待しながら見てしまいます。
    今風の若者とブラック会社というテーマになっていますが、
    結局は今も昔も変わらないものは投げ出さない前向きな努力である。
    という意外と地味ですがしっかりとした内容の映画であるような気がします。

    参考になった3