ヘルプ

レビュー情報

まりはらさん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    76

  • 参考になった

    212

並べ替え

  • 早いぞ!ゾンビ軍団!

    残像が見えるくらいゾンビが早いです。


    人間同士の葛藤がメインだった原作に比べて
    「ゾンビこぇぇぇぇええ!!!」
    って映画になってます。


    もはや別物の映画ですね。


    リメイクと言わなきゃ★4つレベルでしたが
    原作レイプの罪でマイナス2です。



    「えじき」というよりは
    ちょっと安っぽいバイオハザードといったところですかね。

    参考になった4

  • ロメロの時点で試合放棄

    『ブレアウィッチ』『クローヴァーフィールド』のような
    カメラ主観で物語が進行します。

    まぁロメロのカメラワークなんで激しいわけもなく
    動きの少ないゆったりとしたカメラワークの中から
    締め付けるような終末観が滲み出てきます。


    『ゾンビ』『ナイト・オブ~』とくらべたら
    いくらか見劣りはしますが
    “ロメロ御大作品”という事実だけで★5個です。

    色眼鏡なしで見たらどうなのかは
    僕の目はすでに曇りきってるんで知らんです。


    あとは口のきけない黒板爺さんの
    パンクスピリッツに敬意を表します。


    マクファーレンさんフィギュア化してください。

    参考になった12

  • ホステル2

    DVD/CDレンタル

    焼き直し

    被害者役が男→女に代わった!

    って事実を受け
    エロエロバイオレンスな展開に期待しワクワクしてた
    僕の気持ちを返してほしいです


    内容は前作の焼き直しなので
    僕と同じエロ目線で見ようと考えてる人は
    やめたほうがいいです

    参考になった1

  • プレステージ

    DVD/CDレンタル

    SFの入れ方に悪意

    前半→手品師の鬼気迫る知略のしのぎ合い

    後半→SF(なんでもアリ)


    前半だけなら最高に面白い作品だったのですが
    後半から「めんどくさいからこれでよくね?」てな感じの
    投げやりSF設定が突如導入。

    2時間かけて悪いほうに裏切られたので
    M人種評価でワンランクアップ!

    参考になった1

  • 説明一切ナシのドタバタ劇

    片足に銃の時点で全面降伏しました。

    全身全霊をかけて
    テキトーさにすべてを捧げる美学。
    その姿勢が感動を誘います。

    この映画の影響で、
    世の中にもっとテキトーな人が増えればいいなぁ
    と、思いました。

    参考になった4

  • 参考になった1

  • なんだかちょっとづつ残念

    実話に基づく…のくだりとか
    波に漂ってゆらゆら揺れるカメラワークとか
    90分なのにかなり長く感じるとか
    なんだかよくわからんラストとか

    なんかもうちょっとづつ残念。

    2もあるんですね。
    それもまた残念。

    参考になった1

  • ガンダム補正があれば何とか

    まぁガンダムだから最後まで見るか…。
    という2割増しの補正を掛けてギリギリ見れました。

    キャラもMSも心奪われるものがなかったので、
    多分2回は見ないかと。

    熱血主人公でもドモンくらいバカだったら
    もっと好きになれたのになぁ…

    参考になった1

  • もう祭りでいいです

    ツッコミどころは数えたらキリがないので、
    もうインディ祭りと割り切ることにしました。

    単発の無名映画だったら石投げるレベルですが
    インディって名前が付くだけで許される不思議。

    気持ちよく騙されればそれなりに幸せな2時間です。

    参考になった13

  • そうだアニメだったんだ

    ディズニーっぽい「ヌメッ」ってしたアニメーションが苦手なので、
    「あぁアメリカ産だしなぁ…」と見る前は若干鬱でしたが
    途中でアニメな事を忘れました。

    アニメーションの質がどうこうという
    専門的な話はわかんねーですが
    無機質でイヤミのない絵だったのがよかったかと。

    まぁ実写のころからCG多いし、
    人だけもろCGになったと思えば違和感も減るのでは。

    内容は、もうなんだかスターウォーズだったので、
    アニメだからって理由で見なかった人は
    見といたほうがよいと思います。

    参考になった13

  • 男の子の夢 バンザイ!

    現在30前後の男子諸君が
    おそらく八割がた遊んだであろうトランスフォーマー。

    「家のクルマがトランスフォームしたら…」
    「そんなのと友達になっちゃったら…」

    当時の願望・空想・妄想すべて叶ってます。

    内容とかはもういいんじゃないですか。
    デカイ!強い!変形!
    それだけで十分満足です。


    参考になった5

  • ザ・ホスピタル

    DVD/CDレンタル

    こーゆーの多いな

    どこからが現実で
    どこから主人公の妄想か…。

    そーゆう見せ方はもう飽きました!

    で、最後ごっちゃになって終わり。
    途中まで結構面白いぶん余計に残念な気持ちになれます。

    参考になった1

  • バベル

    DVD/CDレンタル

    アカデミーってなんだろう…

    テーマ自体は深いと思うし、
    役者個々の演技力もスゴイと思うけど、
    映画としてつまんない。

    いろいろ詰め込もうとして、
    それぞれのストーリーが説明不十分で終わって
    そこに内容の深さを見るなんて穿った見方は
    したくありませんしね。残念。

    参考になった3

  • 28週後…

    DVD/CDレンタル

    続編のくせに出来がいい

    前作の終末観はかなり秀逸でした。

    そのぶん今回は生き残りが集まる街という大きな空間が舞台なんで、
    上手いことあの圧迫される感じが出るかと心配でしたが
    いらぬ心配だったようです。

    テンポよくサクサクサクサク人が死んで
    血が出て、パニックで、脱出。

    ロメロとは種類の違うシュールさ、ドライさが
    ちゃんと形作られてきているなぁと一人感動。

    まぁ一番のシーンは、ブレインデッドよろしく
    ヘリのプロペラでゾンビを殺す殺す!

    あーゆうの大好き!監督ありがとう!

    参考になった4

  • ゴースト・ハウス

    DVD/CDレンタル

    わぁ感動するね!

    オバケ屋敷で過ごしたら、
    失われそうになっていた家族の絆が復活しました!
    あいりがとうありがとう!

    …はぁ

    そんなモンいらないよ!

    どれだけ血が出て
    どれだけ笑える死に方をして
    どれだけ女の子がバカで可愛くてエロくて
    どれだけ監督の妄想と情熱とダメ人間っぷりを見るか

    マニアはそこが見たいのに
    ぜんぜんないじゃないかっ!

    これからこの手のホラーには
    ホラー(思春期)とかホラー(ヒューマン)とか
    つけてください。切に願います。

    参考になった1

  • ドイツのダメホラーみたいだ

    そう思ったらちゃんとアメリカ産でしたね。
    何がちゃんとなのかよくわかりませんが。

    内容はバイオハザード×マトリックス÷5。
    うすーい感じでダラダラと話が続く感じです。

    1.5倍速で見ちゃいました。製作者ごめんなさい。

    あ、でも1.5倍速だからアクションがやたら凄くなった!
    結果OKだね!

    参考になった1

  • 最近のクライムものではかなりの良作

    オフィシャルレビューに描いてある
    『8人の異なった視点から~…』
    ここで正直ダルィ。

    って思ってましたが意外や意外。
    90分っていう短い時間の中で、上手く話をまとめてあり、
    どんでん返しアリ、心理戦アリ、カーチェイスアリと
    かなり良質なエンタテイメントになってます。

    難を挙げるとしたら、個々の人物描写を意図的に抑えてある感じが、
    感情移入して見たい人にはちょっと不向きかも。

    暇つぶしとしてはちょっと贅沢。
    それくらい完成度は高かったです。

    参考になった8

  • ぐるぐるぐるぐる

    まぁ、意図的なカメラワークでしょうが
    酔いました…。

    映画見て酔うって結構気持ち悪いです。

    内容は、クリーチャー版ブレアウッチ。

    もう1回見る?って聞かれたら、
    高らかに「いいえっ!」って言います。

    参考になった3

  • ノーカントリー

    DVD/CDレンタル

    ドラマにすらならない絶望と恐怖

    鬱になるぐらい淡々と、本当に淡々と物語は進行します。
    ただそれだけに、自分のすぐ側で事件が起きているような、
    吐き気がするほどの臨場感があります。

    人の凶悪さ、強欲さ、無力さ、愚かさ。
    一つの映画を通してこれだけのメッセージを
    受け取ることもそうそう無いでしょう。

    逆側から描いた人間讃歌というところでしょうか。

    参考になった3

  • マンソンがかなりステキ

    キリスト狂信者から事あるごとに叩かれ続けてきた、
    言うならば悪魔主義カルトバンド、マリリン・マンソン。

    ステージで豚の血を啜り、
    アルバムのタイトルに「アンチ・クライスト・スーパースター」とつけ、
    「神はテレビの中に居る」と謳う人が、
    映画の中でただ一人、冷静に真っ当な意見を述べてくれます。

    「あぁ、この人は、批判とか脅迫とかボイコットとかの恐怖に、
    正面から立ち向かってきたんだなぁ…」

    正直、そこにしか感動してません。

    内容?
    アッコにおまかせに近いものが…。

    参考になった0