ヘルプ

レビュー情報

ポリスマンさん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    200

  • 参考になった

    528

並べ替え

  • 秘密のキッス

    DVD/CDレンタル

    話題作に連続出演中のアルマスの、愛に苦悩するラブ・ストーリー

    新作だが2014年の作品だ。題材がHIVでもあり、また愛の物語でもある。ヤフーのレヴューは低いが、出会った2人が苦悩する姿が、私はよく描かれていると思います。ヒロインのアルマスは「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」「ブレードランナー2049」「ナイブズ・アウト」と話題作に連続して出演しています。スペイン/ベネズエラ映画。

    参考になった1

  • 韓国版ワイルド・スピード

    カーチェイス凄かった。話も分かりにくいところはあったが、凝っていて面白かった。続編ありきで作っているようなので、次も期待したい。捜査班係長役のコン・ヒョジン、かっこよかった。

    参考になった0

  • 一度死んでみた

    DVD/CDレンタル

    購入・利用済み

    デス・メタルバンドでShoutする広瀬すずのコメディー映画

    いや~、ばかばかしいけど一気に観てしまった。コロナでストレスが溜まる今日この頃、こんな映画を見て笑い飛ばすのもいいと思う。出演者は色々な役者が出ています。妻夫木聡、木村多江、松田翔太。宇宙飛行士の野口聡一も。ちょい役で佐藤健など。監督は本編が初監督の浜崎慎治。CMの「au三太郎」シリーズを手掛けている。本作で広瀬すずの「Death Metal」を堪能してください。

    参考になった0

  • イエスタデイ

    DVD/CDレンタル

    全編ビートルズ・ナンバーの爽やかな映画。エド・シーランも出演!

    「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督作品。脚本は「ラブア・クチュアリー」のリチャード・カーティス。大停電をきかっけにビートルズを知らない世界に迷い込んだ売れないミュージシャンが、ビートルズのヒット曲を歌ったことから起きる騒動記を描く。主演は新人のヒメーシュ・パテル。ヒロインは「シンデレラ」のリリー・ジェームズ、ポップミュージシャンでヒット曲を連発しているエド・シーラン。ジョン・レノンのそっくりさんも出てくる。イギリスの海辺で開催する野外ライブは、さらなが「ゲット・バック・ライブ」を連想させる。全編ビートルズ・ナンバーで彩る、嫌みのない爽やかな映画だった。

    参考になった0

  • エンド・オブ・ステイツ

    DVD/CDレンタル

    購入・利用済み

    シリーズ3作目。ジェラルドが容疑者として追われる危機に直面する。

    「エンド・オブ~」シリーズ3作目。今回は主人公が大統領暗殺の容疑者として追われる身に。「48時間」シリーズのニク・ノルティが父親役に、モーガン・フリーマンが大統領役に出演。主人公のジェラルドの代表作は「オペラ座の怪人」「300」「ザ・アウトロー」。今回もジェラルドが「ダイ・ハード」並みに暴れまくります・

    参考になった0

  • 潜水艦の映画に、もう1本秀作が生まれた。

    現代の原子力潜水艦の話。主演は「エンド・オブ・キングダム」「300」のジェラルド・バトラー。他の出演に「レオン」のゲイリー・オールドマン。ロシアの原子力潜水艦が行方不明になり、アメリカの原子力潜水艦が捜索に向かう。さらに捜索先で、ロシアのクーデターで誘拐されたロシア大統領の救出命令が出され、ロシアの海域に向かうことになるというストーリー。展開も良く面白かった。

    参考になった0

  • 独特な世界観を持つビリーの初期のベスト盤的な日本企画版。

    2017にリリースされたEP盤を中心に日本で企画された独自盤。シングル「Copycat」「My Boy」「Watch」「idontwannabeyouanymore」を含む、初期のベスト盤的な内容。「Copycat」「My Boi」のRemixは面白いアレンジだ。ニューアルバムよりは、やや明るい感じか。ダークでミステリアスな歌声は、このアルバムでも聴ける。

    参考になった0

  • 世界でメガヒットした「bad guy」を含んだ初メジャー版

    見ていてあまり気持ちの良くないミュージックビデオ、エクソシストみたいなジャケット写真の「bad guy」が入ったアルバムが、グラミー賞で39年ぶりに主要4部門を総なめにし、史上最年少で5冠を達成してしまった。タワレコに行くと入り口の近くに大々的に試聴コーナーが設けてあったので試しに聴いてみた。何曲か聴いていくと、彼がゲイだったら諦めがつくのにという内容のシングルカット曲「wish you were gay」に耳が留まった。「bad guy」も映像がない状態で聴くと面白い曲だった。グラミーで歌った「when the party’s over」のバラードも良かった。結局、なんだかんだ言ってCDを購入してしまった。5.1Chで音を鳴らしてみると、最近の時流にそって音も良かった。つぶやくような声で歌う「i love you」を聴きながらドライブしていると、街の情景がいままでと変わって見えた。不思議な感覚だ。歌詞はともかくとして、このつぶやくような声で囁きかけけてくるアイリッシュの声に、魅了されてしまったのかもしれない。楽曲は、兄のフィニアスと一緒に作られたようだ。影響を受けたアーティストはビートルズ、グリーン・デイ、アルビル、ジャスティン(日本企画版では「bad guy」に参加)、ラナ・デル・レイ。007新作では主題歌を担当する。

    参考になった2

  • 世界に肉薄している彼らのサウンドに驚きの一言!

    映画「キングダム」を観た。エンディング曲を聞いた。どこの外国のアーティストだろうと聞いていると、日本語の歌詞が流れてきた。「嘘?」日本のバンド?私は驚いてしまった。広がりのあるサウンド。重低音の武骨なベースライン。映画のエンドロールを見ると「ONE OK ROCK」と書いてあった。これが最近よく見る「ONE OK」の曲か!調べてみるとNHKのど自慢で鐘を全て鳴らした「Wherever you are」のヒット曲が、ブライダルソングで1位になっていた。9thの「Eye of the Storm」をすぐ聞いた。「In the Stars」「Stand Out Fit In」「Head High」「Grow Old Die Young」「Push Back」「Giants」と佳曲が続く。「宇多田ヒカル」を初めて聞いた時も驚きだったが、「ONE OK」も驚きともに日本ROCK界にこのようなバンドが現れたことに感動だ。特にvocalTaka(森進一、森昌子の長男、NEWSの初期メンバー)の伸びがある高音は日本人離れしている。ONE OKはすでにアメリカンツアーを行っている。バンドの実力は世界水準に達しつつある。出来れば世界的ヒット曲を飛ばしてもらいたいものだ。おごらず自分たちの信念を持って、世界にチャレンジしていってもらいたい。

    参考になった1

  • 七つの会議

    DVD/CDレンタル

    野村萬斎の怪演に引き込まれて行ってしまう社会派群像劇

    直木賞作家池井戸潤(半沢直樹シリーズ)の小説を、「祈りの幕が下りる時(新参者シリーズ)」の福澤克維監督がメガホンを取った作品。主演は「のぼうの城」「陰陽師」の野村萬斎。他に、香川照之、鹿賀丈史、橋爪功、及川光博、片岡愛之助、北大路欣也がわきを固めている。最近、社会派ドラマにやや飽き飽きし始めていたが、本作は野村萬斎の「のぼうの城」以来の怪演に、ぐいぐいと物語に引き込まれて行ってしまった。日頃、3人が頭を下げて謝罪会見をしているニュースをよく見るが、日本はこんな国だったかと不安を感じる時がある。本作は、会社の利益、会社経営陣の身の保身を優先して、社員の人生を、そして顧客の信頼を踏みにじっている会社の体質に警鐘を鳴らしている作品だ。会社経営トップ陣には、もう一度、会社が本来どうあるべきかを反省してもらい、社員を、そして国民を幸せにできるよう考えを一新してもらいたいものだ。

    参考になった0

  • 運び屋

    DVD/CDレンタル

    哀愁を帯びたイーストウッドの演技がたまらない。

    主演、監督クリントイーストウッド、捜査官役で「アーリー」のブラッドリー・クーパー、他に「ゴッドファザー・パートⅢ」のアンディ・ガルシア、「マトリックス」のローレンス・フィッシュバーン、イーストウッドの実娘アリソン・イーストウッドが出演している。実話を基に作られた犯罪映画。イーストウッドは組織に依頼され麻薬の運び屋を請け負うという物語。イーストウッドは89歳にして主演を演じている。おじいさんなのに驚異的でもあり、いやはや存在感に脱帽である。本作は犯罪映画であるが、伏線として家族の絆をテーマにもしている。人生で一番大切なものは何かを問いかけており、イーストウッドが演じると納得もしてしまう。イーストウッドの過去の作品は「荒野の用心棒」、「ダーティハリー」などが有名であり、イーストウッドを観たい方には、お薦めの映画である。劇中に流れる哀愁のあるジャズの音楽が、この映画のすべてを物語っているように思う。秀作である。

    参考になった0

  • フォルトゥナの瞳

    DVD/CDレンタル

    恋愛について考えるのに、いい作品かも。

    恋愛ものは眠ってしまうことが多いので、どうかと思い観ましたが、最後まで一気に観てしまった。賛否両論に分かれているみたいですね。私は意外なストーリーに、面白いと感じました。今、恋愛している人は、本作を観て、恋愛について考えてみるのも一考です。ON OK ROCKの「In the Stars」のバラードが、本作に花を添えていました。

    参考になった0

  • サモアのローテク軍団VSハイテクサイボーグ軍団の決闘

    もはやワイスピも、アイアイマン化、SF映画。ド派手なカーアクションもアイデアも、相変わらず冴えている。出てくるマシンも、音楽もカッコいい。小山力也(ドラマ「24」)がドウェン・ジョンソンの声役をしている。ワイスピのシリーズが続いていることを、ワイスピの初代主演者ポール・ウォーカーも天国で見守り喜んでいることだろう。

    参考になった1

  • フレディ、世界はあなたを忘れないだろう。永遠に

    主演したラミ・マレックがフレディ・マーキュリーに仕草も表情も本当によくにていた(アカデミー主演男優賞受賞)。ライブ会場の雰囲気もよく表現できている。クイーン・ファンとして、ドラマとして映画に甦った事は本当にうれしい。フレディーは稀有な才能の持ち主だ。亡くなってしまったことは、本当に残念だ。個人的には、「メイド・イン・ヘブン」が好きだ。「メイド・イン・ヘブン」は、フレディが亡くなった後、フレディの声の音源をもとに、フレディを偲んで作り上げたアルバムで、残った3人の渾身の演奏が聴ける。聞いたことがない人は、本作を観た後に、是非聞いてみるといいだろう。最後に、フレディ、そしてメンバーに、素晴らしい音楽を本当にありがとう・・・

    参考になった3

  • 渋すぎる男たちの、リアルすぎるアクション映画。

    ボーダーラインの続編。デル・トロ、ジョシュの2人が渋すぎる。男は2枚目でなくても自分の顔を持てば、充分2枚目に匹敵する男として通用するんだということを証明してくれる。3作目も期待しよう。本作の物語エンディングがどのように発展していくのか楽しみだ。

    参考になった0

  • あっという間に引き込まれる、ノンストップ・サスペンス

    休みの深夜に民放で放映していた。暇なので観たら意外と面白かった。レビューの点数は低いが、あっという間にドラマに引き込まれてしまった。主演のルイス・トサルは、「ザ・レイジ」に出演しているらしい。ベネチア国際映画祭出品作品の、ノンストップ・サスペンス。

    参考になった1

  • 花宵道中

    DVD/CDレンタル

    33歳、安達祐実の身体を張った、女郎の悲しい物語

    安達祐実の迫真の演技に、ただただ脱帽です

    安達祐実が犯されるシーンはやや酷で、女性にとってはきついかもしれない

    女郎の儚さ、虚しさ、一途な愛が見事に演じられている

    最後まで観れれば、とてもいい映画です

    参考になった2

  • 過去に戻りエイリアンと戦う、日本のライトノベルが原作の洋画化

    日本のライトノベル(桜坂洋)が洋画になったというので期待していた

    ヤングジャンプで漫画化もされている

    スターシップトゥルーパーズ×マトリックスのセンティネルズ×ロボコップを掛け合わせたような作風のループ(ある地点から地点に戻ること)もの(物語はぜんぜん違う)

    トムと共演の、エミリー・ブラント(プラダを着た悪魔)がなかなか良かったので、☆を1個増やした

    物語がスピーディに進行するので、よく見ていないとわからなくなってしまう

    日本の小説家にもこれから、アメリカ映画になるチャンスがあるので、頑張ってもらいたい

    監督は、ボーン・シリーズのダグ・リーマン

    自分が失敗した過去に、何回も戻れるといいですね

    参考になった2

  • 大ヒット「ハッピー」収録の、乗りに乗っているファレルのアルバム

    世界中で大ヒットした、「ハッピー」が収録されている

    ヒット曲「ハッピー」は、思わず踊りたくなってしまいます

    参考になった1

ページのトップへ