ヘルプ

レビュー情報

Blue Pantiesさん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    104

  • 参考になった

    151

並べ替え

  • ザ・ウォール

    DVD/CDレンタル

    死体以外の登場人物少ない、ほぼ2人

    90分の大半が、敵スナイパーと比較的軽傷の主人公の絡み(無線通話)で
    構成される映画なのだが、最後にどんでん返しがあるので見て欲しい。

    弾丸が発射音よりも先に届くのがリアル、斬新だ!
    発射音を聞いてから頭を引っ込めても、全然遅いって事がよく分かる。

    少々退屈な場面も少なくないので「早送り」をしても構わない。
    ラストは続編を予想させるネ!

    参考になった0

  • 一作目ほどの新鮮さは皆無 偏差値54

    無理矢理2作目のストーリーを作った感あり!
    主人公のキャラが格別なだけにもっと練られた物語にしてほしい。

    スピーディーな銃撃戦と柔道(合気道)を駆使した格闘シーンは
    とっても面白いネ!
    でも2作目だから新鮮さは無い、コンチネンタルホテルの秘密が更に
    描かれているが、残念、もう一つだ。

    殺し屋社会のもっと深い裏事情が描かれていれば☆4だったね。
    ジョンを超えるクラスの凄腕キラーがいれば雑魚の殺し屋がもっと
    引き立ったのではないだろうか…

    参考になった0

  • 極普通、偏差値52って所かな?

    戦場と母国での回想シーンが入れ替わり立ち替わり映し出される作風が???
    トルコ軍の英雄を描いた作品なのだが、中途半端な気がしてならない。
    しかしながらリアルな戦闘シーンと村に残された娘まで参加する戦闘シーンは
    見て損は無いだろう。
    お勧めするほどでは無いが、DVDをもう一本と迷ってるときはイイかも!

    参考になった0

  • 良くもこんな物語を考えたもんだ!

    次回作のためなら「何でもあり」なのかと思うほど練られた作品。
    トランスフォームする映像を見慣れてしった昨今、どんな映像で視聴者を釘付けに
    するのか苦労の絶えないこのシリーズ。
    より人間チックになったロボット達が少々引けるけど、実に面白い。

    今回も過去にはなかった新種のロボットが複数登場するし、壮大なスケールの
    企みが進んで行く。

    過去の作品とは繋がりの少ない作品だけに、偏見を捨てて見て欲しい。
    言語ユニットの無い彼が、突然話し出したるするしね

    参考になった2

  • 色んな描き方があって良いじゃないの!

    注:これまでのスパイダーマンとは比較してはならない。

    天才科学者の卵って部分は少なくて、むしろ普通の高校生に近い存在だ。
    ヒーローと、アベンジャーズに憧れてる夢見る青年。
    直ぐに友人に正体がばれてしまい、騒動の引き金にも…

    この映画の見所はシリアスな部分よりも、少々コミカルに描かれてる点と
    アイアンマンとの関係性だと思う。
    スパイダーマンも彼のハイテクが無ければ力不足というのが面白い。
    加えて彼の助太刀がなければ大惨事が防げないことに注目したい。
    つまり、いっちょ前になる以前のスパイダーマンという映画なのだ!

    「ス…マンはこうあるべきだ」「こうだった」と言う、過去作品からの
    偏見を捨てて見て欲しい、そうすれば絶対楽しめる。

    ps. ホームカミングは「帰郷」「高校の卒業イベント」を意味する言葉
       だが、本作品位限っては「スパイダーマンが高校を卒業した」って
       意味でも良いかと思う。 一皮むけたのだ!

    参考になった3

  • こんなふうに見れば楽しめます!

    予告でお判りのように銃撃戦がメインの映画です。
    狭い廃工場の中での事なのに、なかなか弾が当たらない。
    他のギャングなら致命傷になるヒットが早い時期にあるのに、この映画では 
    それが無いのです、当たりはすれどかすり傷だったりして戦える状態なのです。

    それでも失血等で体力は落ちていき…

    この映画を楽しむために一言、『誰が生き残るか』と思いを巡らせて見て下さい。
    そうでもしないと少々退屈かも知れません。
    銃撃戦と云っても拳銃がメインですし、大迫力なんてモノはありません。
    イカレポンチなギャングばかりだし、スナイパーだって上手くないのです。

    これがリアルなのかも知れませんけどネ

    参考になった0

  • 新旧のアンドロイド2体がこの物語を面白くしている

    あえて突っ込みどころに目をつぶれば、面白い作品ですね。
    プロメテウスの頃より技術的には進歩しているはずなのに???

    毎回このシリーズは新しいタイプのエイリアンが登場しますが、
    今回もそれは守られていて、生まれてくる過程も違っています。
    成長が著しく早くて凶暴、それに引き替え宇宙船クルーの不甲斐なさは
    情けなさを感じる(ヒロインを除く)。

    見所は旧サイボーグがこの惑星でどんなことをしていたかと言う事!
    加えてサイボーグの悪巧みが再び次のエピソードの切っ掛けになる。

    プロメテウスと比較すれば、その斬新さは続編のために控えめになって
    しまったし、制作陣が違う以上別のタッチになってしまった。
    しかしこのシリーズを見逃す理由は何処にもないと思うのだが…


    参考になった2

  • メル・ギブソンの必要なし!

    ギャングから逃げ帰った麻薬中毒の娘を、父親が助けると言うありきたりの物語。
    「アウトローのサバイバル術を駆使して…」なんてあるけど「何処が?」って
    言うのが率直な感想。 
    ネタバレになるからこれ以上書かないけど、主演の名前で借りてしまい後悔してる。
    何もかもかろうじて平均点という評価、お勧めまでは出来ません。
    他に見るモノがない場合に、期待しないで見る分にはいいかも…

    参考になった1

  • ダンケルク

    DVD/CDレンタル

    口数の少ない映画、新しい表現法となるのか…?

    大勢のエキストラを投入した戦争映画ではあるが、攻め進むと云った状況ではなく
    前線からの撤退が中心になり、あっちではこんなことが、こっちではこんなことが
    起こってるという、複数のエピソードが同時進行する展開だ。
    セリフのないシーンが淡々と進む場面こそが見所なのだろうが、判り辛くて退屈に
    なるかも知れない。
    しかし、こここそが最もリアルなのかも知れない。 疲れ切ってドイツ軍に追われ
    祖国に帰れるのかどうか判らない、或いはこの海岸で戦闘機からの銃撃にあい命を
    落とすかも知れない。
    迎えの船には全員が乗れない、大多数が置き去りにされる状況は、撤退兵のは
    知らされていないのだ…

    参考になった1

  • 情けない出来映え

    登場人物(エキストラ含む)の少ない小規模映画。
    その分CGの具合が良ければ許せるのだが、これが全くダメ!
    実写部分でも火薬は全く使ってないのではないかと思う作品。
    地方のテレビ局が、身近なスタッフに演技させ、低予算で作り上げたって
    感じのできばえ、CGは地元高校のパソコン倶楽部なのか?

    とにかく勧めません、95%早送りで鑑賞、あの時間返して…

    参考になった0

  • LOGAN/ローガン

    DVD/CDレンタル

    X-MEN のスピンオフ作品って感じ

    老いたウルバリンと謎の少女の逃走劇。
    可も無く不可も無くって感じ。
    準主役をはれるようなミュータントはたった1人。

    これまでの作品と大きく違うのは、ウルバリンの攻撃(殺戮)が
    少々スプラッターなこと。

    参考になった2

  • メッセージ

    DVD/CDレンタル

    理解できない事の恐ろしさ…

    世界各地に襲来したUFO

    エイリアンの言語解析に挑む学者達…
    主導権を握る、侵略を疑わない軍隊…
    好戦的な国家の暴走…

    不気味なエイリアンの姿等、見て損は無い。
    但しエイリアンとのドンパチは無いと言って言い。

    参考になった4

  • サウスバウンド

    DVD/CDレンタル

    低予算なホラーだけあって… CGは美しい!

    怖いとか、恐ろしいと言うよりは、不思議な世界を見せてくれる映画。
    「逃げ切れない」「迷宮」「抜け出せない世界」が表現されてる。

    5作品のオムニバスなのだが、1話と5話が前後が入れ違いで繋がる。
    どの内容も意味不明というか、???な部分が多いのが難点。

    特典メニューにある解説を聞きながら再度見ると、多少は理解できるかも。

    参考になった0

  • ナイスガイズ!

    DVD/CDレンタル

    凸凹コンビの探偵映画

    何処にでもありそうな探偵映画。
    見るモノに困ったとき、或いは退屈しのぎにどうぞ。
    ラッセル・クロウのポッチャリした姿は見たくなかった!

    参考になった0

  • 海賊とよばれた男

    DVD/CDレンタル

    145分に詰め込み過ぎて…

    百田尚樹のベストセラー小説(上・下巻)を映画化した作品。
    出光興産創業者の出光佐三をモデルとし、主人公・国岡鐡造の一生と、出光興産が
    大企業へと成長する奇跡を描いている。
    映画の中では出光を連想させるものはなく、一体どの企業のことなのだろうかと
    楽しみに見ていると終演を迎えてしまう。 字幕スーパーで小さく『出光』の文字
    を見つけて、納得した。

    ライバルとの壮絶な経済戦争は、バイタリティーに溢れた人物像を上手く表現しお
    り、引き込まれてしまった。
    第二次世界大戦後の復興に乗じた、人間力は見ている者に勇気を与えてくれる。
    夫婦愛も垣間見え、涙腺が緩むところではあるが、これだけのエピソードを145
    分に詰め込むのには無理があったようで、話が若干飛んでる感がある。
    前・後編の構成にしてもっと掘り下げて欲しかった点で評価を4としたが、内容が
    濃すぎて仕方が無かったのだろうか?
    しかしながら、是非見て欲しい一作として太鼓判で推薦します。

    参考になった2

  • 期待はしてないけれど、これほどとは…

    実写映像に上乗せCG加工をした作風、吹き替え版を見たけれど
    映像と吹き替え音声、バックの音声(怒号、爆音等)がミスマッチな感じが
    してならない。 最初からこれを狙っていたのであろうか?
    本物の戦車や装甲車が遠巻きで残念、装甲師団と銘打つ作品ならもっとこれらの
    兵器に近寄っても良かったのでは…
    各所に粗末な合成が見て取れるので、不満の大きい作品。
    TV作品でももう少し上手く作る気がするのだが残念だ。
    勧めはしないが、見る場合は良くこの点を察してからにして欲しい。

    参考になった4

  • とっても楽しめた!

    1960年の米国映画の『荒野の七人』のリメイク
    原題は『The Magnificent Seven』
    この映画はシリーズ化され、4作続いた!
    しかし元々は、黒澤作品である『七人の侍』(1954年)がそれ。

    主人公のデンゼルワシントンが良い味を放ってて、他の助っ人達も
    個性溢れる活躍で楽しめました。
    突っ込みどころはありますけれど、素晴らしいガンアクションで
    見所満載です。
    欲を言えば自己犠牲の表現にはもっと熱い何かを加えて欲しかった。

    マグニフィセント・セブン 『偉大な七人』と翻訳すれば良いのかな?

    参考になった4

  • 極々普通のドンパチ映画

    判ってると思うけれど、ブルース・ウイルスはお飾り程度の出演。
    物語も独断これってモノはない! 早送りもしないが感心もしない。
    平均点の出来具合、見る物に困った時は良いかも…

    参考になった0

ページのトップへ