ヘルプ

レビュー情報

さわやか4組さん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    63

  • 参考になった

    277

並べ替え

  • 参考になった0

  • ミスFLASH2017 池田ゆり

    DVD・Blu-ray(通販)

    イイ女のありがたいビキニ姿

    ミスFLASH2017の中で一番の美人。胸は驚くほど小さいが、傷一つない綺麗なカラダを見られるだけで幸せ感がある。間違いなくボディではなく顔を選ばれたんだろう。でもやっぱり大事なのは顔だよね。いくら爆乳でも顔が良くなければ惹かれないし、DVDを3000円も出して買おうってならないもんね。オレンジのビキニで浜をそぞろ歩くチャプターと白いハイレグでプールに浸かるチャプターだけしか見てない。チャプターによってキャラ設定がバラバラ。チャラいレースクイーンになったかと思えば、従順な綺麗な敬語が話せる女の子、そうかと思えばSM嬢。真面目なキャラが延々と続けば良かった。本当は性格のイイ子なんだろうから、彼女の素に近いキャラで押し通せば良かった。変に悪ぶって見せる必要はない。贅肉のない鍛え上げられた肉体を薄くて小さな水着一枚で一生懸命視聴者に見せ付けて魅了しようとする真摯でひたむきな感じが窺えるシーンだけで良かった。1st DVDなんだから、恥ずかしそうにしつつ、ぎこちなくありつつも何とかして男性諸氏のおかずに成り果てようと努力する様を見たい。夕暮れの浜辺で泥だらけになりながら、「私で抜いてくれませんか?」と涙目で地面を這いつくばる愚直な彼女の姿が見たかった。とにかく視聴者の想いに誠心誠意、全身全霊をかけて応えようとする女の姿が最も美しい。何のためにこのDVDを作って売ってるのか、よ~く考えたうえで演じて欲しい。お洒落なシーンとか可愛いビキニのファッションショーとか要らないからね。モデルは満点だが、捨てシーンがあまりにも多いので泣く泣くマイナス1点。シンプルな原色ビキニを着たシーンがもう2,3あれば満点だった。嘘でも純粋無垢な女の子をより多く演じてくれたら、もっと好きになったけどね。タモリ倶楽部のOPみたいにむやみやたらに尻を振るシーンとか本当に不要。そんなのするぐらいなら、もう1チャプター浜辺のシーンを撮れ。相変わらず何も考えてないというか意味の分からない設定やシーンが混在するのが非常に残念。基本的にすべてのシーンは浜辺やプールで撮ろう。部屋の中とか車の中とか経費削減、時間を埋めるためにやってるとしか思えない。大自然×イイ女…視聴者の股間を熱くして手放せなくなる1本を今後の彼女に期待したい。本気で1本…男が満足する1本を下品にならない範囲で作ってください。

    参考になった3

  • いいんだけど・・「色」で損してる

    作品を追うごとに色気を増し、イイ女に変貌しつつあると思うが、ノーレビューだった本作。なぜ男が惹きつけられないのか。それは色だ。淡いピンクのビキニや白い下着…同じだけ露出しているのにこれが濃いブルーやブラックのビキニだったら間違いなく男の目を惹いただろうに勿体ない。IVの衣装ってモデルに選択権があるのだろうか?だったらそれは止めた方がいい。モデルが「これ可愛い」と選択する衣装は飽くまでも女性目線であり、男がエロいと感じるものとは程遠い。全部のシーンを原色のビキニで臨んでいたらレビューは2~3投稿されていただろう。お疲れなのか、目の下には大きなクマがあり、血行が悪いのか、尻は軽く黒ずんでいた。撮影の過程で何とかしようという意思はなかったのか。やはりモデルのカラダは健康体であって欲しい。病的なものを視聴者に感じさせた時点でIVはアウト。海辺では明るくアクティブに飛び跳ね、ベッドに移ったら夜の女の顔をねっとり見せる…そんなことができれば良いのだけれど、ベッドシーンでボンテージ風衣装を着用し、へそを隠していてはおかずにならない。作っているのは男ではないのか。誰のために作っているのか。男のためではないのか。そんな疑問が次から次へと沸き起こってくる。ただ何となくの水着チョイス…本気で売ろうとしているのか、甚だ疑問な作品ばかりではせっかくの美人で胸も大きく、グラビア向けの体型なのに本作のモデル、確実に消える。

    参考になった2

  • ナイスバディ…まさに神だね

    顔に難点がある場合も多分にあるが無駄なシーンが少なく、タイトル通りの巨乳・爆乳ちゃんを紹介する本シリーズ、嫌いじゃない。本作のモデルは実に可愛く、水着姿をがっつり見せてくれており好感が持てる。シリーズのコンセプトとして胸を強調して映したいのは分かるが、世の中には尻派や脚フェチもいることを忘れないで欲しい。バランスボールや縄跳びのくだりは要らないので、その分綺麗な尻や脚もしっかりと見せて欲しい。濃いめの色で極力飾り気のないビキニ(女性が好んで着るファッション性の高いビキニではない)で男がスケベな男のために作ったと考えられる作品。おしゃれ要素なんか要らないし、小芝居も自己紹介さえも要らない。ただむっちりバディを鑑賞したいだけ。それだけに本シリーズにはさらに奮起していただき、おかずにまでは至らなくてもこんなコの水着見たいなという欲望を満たす作品を量産して欲しい。久々に「非常に良い」が出ました!

    参考になった2

  • CSと大差ない内容…ふざけてる

    本シリーズはTVでバラエティー要素が強い内容をOAしながら、DVDでは大人っぽい姿を見せていくのが特徴であったが、久しぶりに見たらTVと殆ど変らないヌルい内容に愕然。黒子を映したいのか、ずっと頬に寄ったりする訳の分からないシーンがあったり、夕暮れの浜辺にいながらただ服を脱ぎ、ビキニ1枚になって立っているだけ(TVでは立っているだけでも、DVDでは寝転がって視聴者を挑発するなんてことも一切ない)で、わざわざ2000円近くも払う必要性はなかったと怒り心頭に発する。せっかく景勝地にロケに訪れながら、美しい自然とモデルのナイスバディ(人体も大いなる自然の一部)が融合することなく、ただ何となく撮ってきましたみたいな感覚が手に取るように垣間見え、製作費を無駄遣いする神経を疑う。可愛いシーンもありながら、実はこんな表情もできるんですとモデル自身が発奮して見せるべきところを見せないと見限られることを肝に銘じるべき。

    参考になった3

  • S目線でカメラ越しに攻めてくる感じは良かったが…

    歯の浮くような普段絶対に口にしないであろう臭いセリフを吐くIVが多い中で、モデルのキャラを活かしたSっ気ある作風が○。浜辺ではTシャツからのビキニ、プールではボディコンからチラ見させるビキニというツボを抑えた演出。Sだったはずの彼女が心変わりして、ホース攻めに遭うと急に「やだ~」と甘えた声を出すのには首を傾げる。「お金持ってないからわたし踊る」と言って赤ビキニになるが、踊ってはいない。今までまともにポールダンスできたモデルは見たことがない。自称「特技:水泳」同様、真剣にその役に成り切ろうとする意志など微塵もないからだ。最後はベッドを使って何してくれるのかと期待したが、最後の最後まで邪魔な布きれを外すことなく、自分に酔ってる感じの映像が続く。IVとして許される最大限の露出でおかずを提供していく―すでにそういうことをしてもいい年齢でしょ。なのに後半になるほど期待外れで陳腐になり、結局フツーの評価に。

    参考になった3

  • 会心の作!これ以上は無理…

    処女作から全力投球で、魅せられる限り魅せ、露出もモザイクがかからないギリギリの線を保っているが、頑張っていると思う。顔は好みが分かれるところだろうが、腰から踵にかけて、実に綺麗な丸みを帯びており、大人の女性の素敵な曲線を堪能させてもらった。スカイブルーの小さめビキニに目を奪われ、シーンを追うにつれ、性行為を想起させる挑発的な仕草を連発。最後は尻丸出しになって、シーツ1枚でベッドで誘惑。年齢が年齢だけに小手先の子供だましの演出では視聴者が許してくれないことをモデル本人・制作者ともに充分に熟知しており、近年にない満点IV。ここまできっちりとした作品を出されると、他の中途半端なIVがすべて燃えないゴミと化してしまう。3000円は決して無駄にならない。6月にして2013年最高傑作に出合う。ぶりっ子演技が少々鼻につくのはご愛嬌として、素直に果音さん、ありがとう!!そしてこれからもよろしくね。

    参考になった7

  • 性善説 太田千晶

    動画

    購入・利用済み

    もう一歩、殻を破って行こっ!

    イイ女になって帰ってきた。グラビアを休んでいる間に恋愛の1つや2つ経験して、男の味も覚えたエロいカラダを余すところなく見せ付けている。下着姿で胸元を強調してみせるが、IVはIV。決してカメラマンに揉ませたりしない。男の誘いに従順に乗っかり、性格の良い女の子像もいいが、ベッドの上では視聴者との性交渉を想起させる騎乗位シーンを大胆に演じてみせてもいいし、真昼のビーチでの爽やかな白ビキニもいいが、夕暮れのビーチでセクシーな黒ビキニで身を包み、砂まみれになって視聴者を過激に誘惑し、虜にして決して離さないという悪い女の「性悪説」も見てみたい。今一番ヌけるグラビアクイーンの1人であることは折り紙つき。

    参考になった1

  • 密着フライト/中村葵

    DVD・Blu-ray(通販)

    雰囲気もバディもルックスもええ子やな~

    小リスのように前歯がちょこんと出て、フジテレビの現役アナA・YやフリーになったAパン似のルックスで、柔らかい関西弁でカメラに向かって語りかける様が可愛い。グラビア向きのむっちりバディで水着のチョイス(特に浜辺のブルー)が上手い。IVのロケでよく使用される定番のビーチで、これまた定番のビーチパラソルの棹の部分を使って、じっくり美尻を見せてくれる。欲を言えば、砂浜で寝転がり、四つん這いになって鉄板シーンを極めて欲しかった。意外とキャリアがあるようだが、今までまったくノーマーク。日テレジェニックになって、ようやく魅力が開花してきたということか。ただ、飽くまでも爽やかイメージを貫こうとする姿勢が残念。お歳もお歳だから、それ相応の行為を想起させるシーンがあってもいい。最後のほうでCAの制服を脱いで下着姿になり挑発しているが、突っ込みが甘い。きちんとおかずに仕上げて欲しいし、顔はもう少し痩せてもいい。

    参考になった4

  • はるかぜ 安藤遥

    動画

    購入・利用済み

    きっちり仕事をこなす職人肌のグラビアアイドル

    デビュー当時の仲間由紀恵を思わせる目力の強さにぐっと引き込まれていく。水着の見せ方を充分に熟知していて、三十路目前(過ぎてるか…)なのに「私って綺麗でしょ」と自己満足でしか作品を出せないどこぞの女とは違い、男が見たいと思うものを作り出そうという意欲がしっかりと伝わってきて、職人だと思う。Air Controlは小芝居がなくていい反面、モデルの質が低く時間が長い割に買ってみようとは思えないことが多いが、本作はモデル自身の志の高さでヘビロテできる内容に仕上がっている。欲を言えば、海水や砂まみれになって夜の浜辺で乱舞して欲しかった。強い波しぶきを背に浴びながら、黒ビキニでカメラに挑戦的な視線を送り、視聴者に噛み付かんばかりに迫ってくれば真の女豹として伝説になろうが、まだまだ綺麗に収まりたい意識があるのか、迫力が足りないのが残念。「こんな私嫌いですか?」と半泣きで迫るような野性味あふれる表情を見てみたい。

    参考になった2

  • First TOUCH 佐々木麻衣

    動画

    購入・利用済み

    お上品なお姫様作品

    グラビア活動をファッションモデルの延長線上にあると思っているモデルと、この女で何とかヌイてやろうと思う視聴者(男性諸氏)との意識の乖離。いかに格好よく綺麗な自分をおしゃれに見せるかに腐心している感じが見て取れ、男が求めるのはそこじゃないんだよなと思いながら、視聴を進めていく。彼女に下品な恰好(着エロなる下衆な感じ)は似合わないし求めてはいないが、海水や砂がカラダ中や髪の毛に一杯付いても構わないから、カメラの向こうの視聴者の性欲を掻き立てようなどという野心は一切なく、「こんなに私って綺麗で可愛いでしょ」と自己満足が先に立っている。「記念に1本くらい出しとこうか」ぐらいの気持ちで出したのか、心に残らないさらさらIVの典型である。「モデルみたいなのにこんな表情で誘惑してくるんだよ」と男仲間で噂になるような熱い作品は期待するだけ損なのかも知れない。

    参考になった12

  • Courage 相澤ゆうき

    動画

    購入・利用済み

    ぷりんぷりんでカラダつきも構成もあま~い

    グラビアをやるために育ってきたような甘いカラダつきで、水着姿が板に付いている。小さいビキニで頑張っているとは思うが、途中途中に入るインタビューは必要なし。チャプター飛ばしで次のビキニを見たくても、またインタビューになってしまい、目的のシーンにたどり着くまでがまどろっこしい。屋外で淡い色のビキニを身に着け、ダラダラと寝転がってみたり、ビニールハウスで花と戯れてみたりと、特に引き寄せられることもなく流れていくシーンが多い。和室で見せるバックショットにぐっと来たが、全体的には「この子は何がしたいんだろう?」と疑問符の付く内容、サンダルを履いたまま湯船に浸かるという常識のなさに愕然とする面もある。乳が大きければ何となく水着になれば良いと思っていれば大間違いで、早晩彼女の作品は拝めなくなるだろう。老婆心ながら、多くの作品を見てきた一視聴者の危惧である。

    参考になった1

  • 桃姫 有川知里

    動画

    購入・利用済み

    笑うの禁止、腹回り×

    グラビアをやるために生まれてきたようなカラダの持ち主であることは認めるが、歯は見せないほうがいい。カメラに向かって愛想を振りまくのではなくて、テレビの前の視聴者に向かって「私でヌイてください!」と熱い思いがほとばしる表情で迫ってきて欲しい。一部そういうシーンもあるにはあるが、岩場でただ立ち尽くすだけで終わっている。漆黒の海でぱっつんぱっつんの黒ビキニを着て、背中に強い波を受けながら、女豹のポーズでカメラに向かって迫り出し、髪の毛を振り乱して涙目で見つめてくれば、全身全霊で本気になっていることが伺えるが、ただ何となく作っているから、さして印象に残らない。誰が見ても美人というわけではないのだから、露出で勝負しなければならないのに、上だけ水着で下はパンツを穿いているシーンもあり、この子の存在意義って何だろうと考える。中途半端かつ自己満足で制作されたIVの典型。今作品が出ていないのが何よりの証左だ。

    参考になった2

  • 二人だけの誘惑/沢田彩実

    DVD/CDレンタル

    購入・利用済み

    着エロより健康美を求めるが、本作は○

    着エロなるジャンルが誕生し、不細工を露出でカバーしようとするすれっからしグラドルが氾濫し、嫌な思いをしてきたので、その手の作品は一切手を出さない。本作のモデルは一貫してその方面を志向しているようだが、純粋に綺麗なカラダを見せようとする意志が見て取れ、充分に画が持つ。敢えて希望を言えば、ブルーの極小ビキニでは競泳水着でしっかり泳いだ後に濡れた水着を脱いでもう一度プールに浸かればなお良しだったし、オイルマッサージの後に「気持ち良かった」と囁くなら、カラダに触れるのは男の手であるべきだろう。SEXを想起させるような腰つきでダンスするシーンについても欲を言えば、踊り疲れてベッドに倒れこみ、そこからカメラに騎乗位させて恍惚の表情でフィニッシュまで演じて見せて欲しかった。AVには進出しないタマだろうから、ここまでが限界かと思うが、本作は今までの中でベストと思われる。ぜひいつかは男たちと交わる様を見せて!

    参考になった2

ページのトップへ