ヘルプ

レビュー情報

茶子さん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    1552

  • 参考になった

    1994

並べ替え

  • これでも評価した方

    物語はレイヤ姫が如何にしてデススターの設計図を手に入れたのか、の説明的スピンオフ作品。
    進行から単体としてのハッピーエンドが無いだろうことは、すぐにでも読めるところ。
    前半はダラダラとした展開で評価も撃沈状態ですが、それでも後半は入り込むことができたので、まぁ全体としてはこんなもんか。
    さすがに画質は素晴らしいのだが、御都合主義的な部分もあり興がのらないのも事実。

    参考になった1

  • 画像は素晴らしい

    ベン・ハーのストーリーをー正確には覚えていないので、キリストまで出てきて、こんな話だったかな?という印象。
    画質は申し分ないのだが、全編を通して今一つ迫力に欠ける。
    ラストも御都合主義的。

    参考になった1

  • 低予算?

    まぁこんなもんでしょうね、としか言えないなぁ。
    詰まるところ、ツナミ来た、家族助けたという当たり前で何のヒネリもない作品でしたな。
    ボルケーノのツナミ版なのだが、ボルケーノほどの仕上がりには程遠い。

    参考になった0

  • オマールの壁

    DVD/CDレンタル

    勉強したい人は観れば

    それ以外の人は無視で。
    とは言うものの、こういう作品が映画なんだぁみたいに感じれる人もいるかもね。

    参考になった0

  • 第5惑星

    DVD/CDレンタル

    制作年の割に

    85年って、こんなもんかな?
    まぁそこんとこ割り引いても泣けるヒューマンドラマ?って感じでもなかったような。
    借りたい人は、とりあえず制作年だけは要確認で。

    参考になった0

  • 秀作

    先ずはジャケットの松山の表情が良い。己の運命を受け入れつつも最後まで闘う闘志にようなものまで感じる。
    東出の羽生もまた妙演だ。仕草一つひとつが似ている。似ているだけでなく、きっと村山と羽生にしか分からないのであろう世界観まで表現しようとしているようだ。
    私は仕事柄、村山の持病が良く分かる。あの生活習慣でコントロールできるはずはない。生きるということを考えさせられる秀作である。
    村山聖。文壇で言うところの無頼派か。

    参考になった1

  • なかなか新しい

    全盲の偏執狂ジイさんと3人の強盗。
    ハハ、なかなか新規性のある設定で素直に楽しめた。
    ただラストの駅のシーンの必要性が分からない。
    逆に言えば、その位の不満しかない。

    参考になった0

  • 一連の

    本シリーズは作れば作るほど駄作化してきた過去がある。
    とは言え何とか収束させるべく駄作化の主要因であった、アリス無敵化をなくしたのは評価できる。
    その上で、ここまで駄作化したんだから、もうどうなっても、どうやっても良いや的な発想で作成された本作は、逆説的だがそれなりに観れるかな。
    確かに過去の展開との整合性なんかも無視してますけど、ここまで駄作化してんだから最後を楽しむくらいの度量の大きさで鑑賞しましょうよ。

    参考になった0

  • まぁ観れる

    現実的に考えて結末に多少の不満も残るが、及第点は取れてる。観れない作品ではない。
    ただ福山にしろ二階堂にしろ、もっとヤレてる感を出さないと、あれじゃ綺麗すぎ。
    徹夜の張り込みやジャンクフード。あの生活でお肌も髪も綺麗すぎじゃないの?



    参考になった0

  • あかん

    あのね、脳への血流が途絶えて何時間経ってるの?
    冷たくなってんでしょ、もう。だって「冷たい」って言ってるし。
    死後硬直もとれてくる頃だろうが、レイプシーンでの足の開き方から見て、まだ硬そう。
    そんな完全無欠の屍体が生き返るわけないだろ。
    しかもこの作品、ホラーでもないし、その時点で鑑賞終了。

    参考になった0

  • CAVE ケイブ

    DVD/CDレンタル

    制作意図不明

    クレジットには2と書いてあるので、続編なのかもしれないが、まぁわけわかりません。
    こんな話、設定を洞窟にする必要性ありますか?
    何のひねりもなく終了。ただただ茫然。

    参考になった0

  • にがくてあまい

    DVD/CDレンタル

    ドタバタですからね

    現実味の欠片もないドタバタ劇ですから、感動もヘッタクレも期待してはいけません。ただテンポは良く楽しめます。

    参考になった0

  • 題材は良い

    さすがのヘレン。魅せてくれます。
    しかし法廷劇も然りだが、シーンに深みがなく感動が生まれてこない。
    ヘレンの出演料で制作費のほとんどを使ってしまった感のある作品。
    お勧めはしません。

    参考になった0

  • グッド・ネイバー

    DVD/CDレンタル

    上手な撮り方

    まぁよくある手法の作品なんですが、細かい点が上手に詰められてて、作品としてまとまっています。
    最初の裁判シーンで誰が被疑者なのか分かってしまうという稚拙な箇所もありますが、それ以外に粗はありません。
    ジャケ写やコピーも「猿の惑星」に代表されるような下手は打っていませんしね。

    参考になった0

  • 素敵

    この配役で、この手の作品を観はじめる時って大体において期待大ですよね。
    その期待を損なわない素敵な導入で、思わず引き込まれました。
    コリン・ファース、やっぱり名優ですね。抑えた演技の中にも仕事や書籍に対する情熱が感じられます。
    またジュード・ロウ演じる人物像を通して編集者のジレンマを見事に観せてくれます。
    秀逸。

    参考になった0

  • やっちまった(笑)

    本作前の新作紹介コーナーを観てて、あ~やっちまったなと後悔。
    オープニング10分で中断しました。もう表現できない程の「やっつけ作品」
    絶対に借りてはいけません。

    参考になった1

  • 題材を活かせていない

    子供達の演技はなかなか良いものがあると思うのだが、主役のそれがイマイチ。
    抑えた感情表現なんだろうが、抑え過ぎでしょうね。
    それにテンポや展開も悪過ぎる。譜面も読めない子供達の成長が早過ぎるし。
    まぁ100分程度でまとめるには濃い内容だったのかも。

    参考になった0

  • このまま終わってくれれば

    作れば売れるシリーズだし、私自身まぁ観ますね。
    でもM.Iと違い、体制側にいないのでストーリー展開に限界も感じます。
    というわけで、本作をもってラストとしてくれたら嬉しい。

    と言っても、本作が惰性だと言っているわけではありません。
    ちゃんとボーンしてます。でもやはり初作が最も傑作でしょうね。

    参考になった0

ページのトップへ