ヘルプ

レビュー情報

馬券師さん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    68

  • 参考になった

    73

並べ替え

  • 噴飯ものの反日捏造映画

    この作品を史実だと思ったら大間違い。
    日本に関する描写は全て出鱈目と言っていい。
    いくら33年前の作品だからと言って、ここまでのウソ八百を許していいのか。
    南京大虐殺に至っては全く無関係の映像を使っている。
    東京大空襲、原爆による大虐殺の証拠写真は山ほど残っているが、
    南京大虐殺の写真は一枚もない。
    世界中が注目していたのにである。
    当時蒋介石は何回も記者会見を開いているが一言も南京大虐殺には触れていない。
    そんなことがあり得るのか?
    人口20万人の南京で30万人が殺されたのにである。
    すべて大ウソ、でっち上げだということだ。
    この作品よく見ると中国が制作に加わっているではないか。
    道理で。
    巨匠ベルトルッチ監督も中国の意向には逆らえなかったわけだ。

    参考になった1

  • 新聞記者

    DVD/CDレンタル

    反安倍映画が日本アカデミー賞最優秀作品賞に

    これは奇跡と言っていいだろう。
    日本にも良識ある人が残っていたということだ。
    この作品で安倍政権の問題を世に知らしめた功績は絶大である。
    広島の選挙違反事件での検察の捜査が官邸に及ぶことを期待している。

    参考になった6

  • 戦国自衛隊1549

    DVD/CDレンタル

    戻るべきは戦国じゃないだろ!

    日本経済がなぜこんなにダメになったのか。
    バブルが崩壊したからだ。
    ではなぜバブルが崩壊したのか。
    それを描いたのが『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』である。
    大蔵省が出した総量規制。
    これがバブルを崩壊させ日本経済を奈落の底に突き落とした。
    これを止めるため過去にタイムスリップ。
    経済大国日本を破滅させたのが総量規制なら、
    軍事大国日本を滅ぼしたのが真珠湾攻撃である。
    したがって戻るべきは1549年ではなく、1941年である。
    真珠湾攻撃さえしなければアメリカは参戦できなかった。
    したがって日本を守るために歴史から抹殺すべきなのは信長ではなく山本五十六である。

    参考になった0

  • 敵の方が兵力も経験も上だったのに、どうして勝てたんでしょうね?

    ラストのセリフだが、全くその通り。
    日本が負ける要素は一つもなかった。
    ニミッツ提督は、日本が全兵力を挙げてきたら勝てなかったと明言している。
    山口多聞が全兵力を結集すべしと具申したのに、五十六は聞き入れなかった。
    兵装転換せずに攻撃すべしとの山口多聞の具申も、南雲は聞き入れなかった。
    この敗戦は無能な指揮官をトップに据えたことにある。
    さてこの作品についてだが、退屈極まりなく観る価値ゼロ。


    参考になった0

  • 日本を破滅させた大罪人を美化してどうする

    戦前の山本五十六と戦後の土田 正顕。
    この二人が犯した罪を日本人は決して許してはならない。
    バブルを崩壊させ日本経済を奈落の底に突き落とした張本人が大蔵官僚土田 正顕。
    この男が出した総量規制によって、日本の資産1300兆円が吹き飛ばされた。
    次に、山本五十六。日本民族は未来永劫この男を呪うべきである。
    日本破滅の原因がこの男が決行した真珠湾攻撃だからだ。
    真珠湾攻撃がなければアメリカが参戦できたかどうか分からない。
    何しろアメリカ世論は戦争絶対反対だし、
    ルーズベルトは戦争しないことを公約に当選したのだから。
    それ以前の問題として、日本の海軍力はアメリカを圧倒していたのだから
    そもそも真珠湾攻撃など必要なかったのである。
    それを知らなかったのだからいやはやなんとも。
    本来日本軍は南進して石油を確保した後、
    インド洋を制圧し、中東でドイツ軍と合流という計画だった。
    これなら間違いなく枢軸国側が勝っていた。
    チャーチルがルーズベルトに泣きついた事からも明らかだ。
    「今、日本がセイロン島と東部インドからさらに前進してくれば対抗できない。
    蒋介石支援ルート、ペルシャ湾経由の石油輸送ルートやソ連支援ルートが遮断される」
    イギリス、ソ連、中国の補給が絶たれ、日本とドイツの完全勝利である。
    この勝利を奪ったのが山本五十六だ。
    真珠湾でアメリカの怒りに火をつけ、
    戦力で圧倒していたミッドウェイで惨敗し、
    ガダルカナルで壊滅的な被害を受けた。
    こんな男を英雄扱いするのはどうかしている。



    参考になった0

  • ミザリーに次ぐロブライナーの傑作

    ここ最近観た中ではピカイチの作品だと思う。
    ジャーナリズムはどうあるべきかを教えてくれる。

    参考になった0

  • ハワイを侵略したアメリカが何言っちゃってんの

    アメリカが日本の真珠湾攻撃を批判してることに驚いた。
    独立国だったハワイを侵略した国が、何寝言ほざいてるんでしょうか。
    真珠湾攻撃とハワイ乗っ取り。
    どっちの罪が重いんでしょうか。
    ひとの批判する暇があったら、自分の過去を反省すべきじゃないのか。

    参考になった0

  • バブル崩壊を正確に描いた唯一の作品

    バブル崩壊は明確に人災である。
    大蔵省銀行局長の土田正顕が出した「総量規制」
    これがバブルを崩壊させた。
    アメリカを追い抜きつつあった絶好調の日本経済をぶっ壊した。
    失われた資産は1300兆円。
    しかし本作ではこれが意図的に行われたと描く。
    戦後の経済大国日本潰しというわけだ。
    よく考えてみると戦前にも同じことがあった。
    当時の日本は押しも押されもせぬ軍事大国。
    その軍事大国日本を潰したのが山本五十六の真珠湾攻撃である。
    もし真珠湾攻撃がなければアメリカは参戦できなかっただろう。
    アメリカが参戦しなければ日独が負けることはあり得ない。
    絶対にやってはいけない真珠湾攻撃をなぜ五十六は強行したのか。
    日本を破滅させた二大愚行。
    総量規制と真珠湾攻撃。

    参考になった1

  • ハワイもミッドウェイも大失敗した五十六

    大日本帝国を滅ぼした大罪人が山本五十六。
    全くやる必要のない真珠湾攻撃。というか絶対やってはいけなかった。
    これにより戦争反対だったアメリカ世論が一変してしまった。
    日米開戦反対と言いながら自分がそのきっかけを作ってるんだから世話がない。
    ミッドウェイに至っては負けるはずがない戦いだった。
    愚将五十六ではなく山口多聞が司令長官だったら間違いなく勝っていた。
    ニミッツは言う「日本軍が6隻の空母、11隻の戦艦などを集中運用していたならば、
    いかなる幸運や技量をもってしても敗走させることはできなかったであろう」
    山口多聞の言う通りに全兵力を挙げるべきだったのだ。
    山口多聞は真珠湾攻撃での石油タンク攻撃の必要性を説き、
    ミッドウェイでは兵装転換せず出撃すべしと具申した。
    が、いずれも却下。
    ミッドウェイ海戦の責任を取り艦と運命を共にした山口多聞。
    この時五十六は何をしていた。
    500キロも後方の大和で将棋を指していたのである。





    参考になった0

  • 大和が沈んだ理由が荒唐無稽すぎる

    「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」
    このセリフは全く戦争を理解していないし、歴史の無知をこれでもかと晒している。
    戦争映画を作るなら、あの戦争が何故始まったのか勉強すべきだろう。
    巨大戦艦を建造すれば戦争が起きるのではなく、戦争の抑止になるのである。
    当時日本海軍の実力はアメリカを圧倒していた。
    それに加えて大和の存在を公表すればアメリカは手も足も出なかっただろう。
    秘密にしていたからハルノートを突きつけられる羽目になったのだ。
    『沖縄を守るために』大和は海上特攻として出撃し撃沈された。
    これが反日左翼には気に入らないのだろう。
    だが、紛れもない歴史的事実だ。





    参考になった5

  • 戦艦大和

    DVD/CDレンタル

    沖縄は捨て石ではなかったことを証明した戦艦大和

    全く無意味としか思えない戦艦大和の沖縄特攻。
    なぜこんな無謀な作戦が実行されたのか。
    大和の乗組員3000人は誰のために死んだのか。
    答えは一つしかない。
    沖縄のためである。
    沖縄を救うためである。
    沖縄を見捨てることが出来なかったからである。
    それ以外の理由があるだろうか。
    大日本帝国は、帝国軍人はいかなる状況でも国民を見捨てない。
    それを立派に証明した。
    もし天皇だけが大事、軍だけが大事なら大和の特攻はなかっただろう。
    この作品に限らないが、大和の歴史的意味が分かってるとは思えないので星一つ。







    参考になった0

  • 連合艦隊

    DVD/CDレンタル

    戦争賛美でも反戦でもなく、あの時代の日本人の生き様を描いた作品

    毎年8月15日の終戦記念日には、この映画を放送すべきだと思う。
    そしてあの戦争とは何だったのか。考えるべきだと思います。
    あの戦争は敵将マッカーサーが米議会で証言しているように日本の自衛戦争でした。
    石油を絶たれた日本は座して死を待つか戦うかの選択を迫られます。
    あの時代の日本人は気高く気骨がありました。
    韓国の様に併合されればいいやなんて言う腰抜け国家とは訳が違います。
    軍部は研究に研究を重ね、勝てる戦略を編み出します。
    一言で言えば西へです。
    連合艦隊をインド洋へ進撃させるのです。
    イギリスの東洋艦隊を蹴散らし補給を絶ちます。
    これでイギリスは終了です。
    (事実チャーチルは日本がインド洋に出てこないようにルーズベルトに泣きついた)
    そして中東へ向かいドイツと合流。
    これで中東の石油はドイツと山分けです。
    ところが史実はご存知の通り東へ行ってしまいました。
    真珠湾攻撃、ミッドウェイ、ガダルカナル。
    何処行ってんだよ!って話です。
    戦争反対だったアメリカ世論が真珠湾攻撃で一変します。
    ドーリットル空襲でまんまとミッドウェイにおびき寄せられます。
    挙句の果てにガダルカナル。
    さて皆さん誰のせいでしょうか。
    山 本 五 十 六。
    日本を地獄に突き落としたのはコイツです。


    参考になった0

  • 韓国に贖罪意識を持つ必要なし

    いずれ歴史はひっくり返る。
    嘘八百を信じ込まされていた。
    日本が併合する前の韓国がどんな国だったか。
    答えられる人は殆どいないだろう。
    今の韓国で当時を想像してはいけない。
    幸せな韓国を日本が蹂躙した。
    そう思わされてる人のなんと多い事か。
    とんでもない!
    李氏朝鮮がどれほど酷い国だったか。
    世界に類を見ない差別国家。
    李氏朝鮮に比べたらアメリカの黒人差別もナチスのユダヤ人迫害もまだ手ぬるい。
    李氏朝鮮で人口はどんどん減り続けた。
    韓国の教師用国定歴史(国史)教科書によると、
    1777年、総人口は1,804万人であったが、1844年には1,689万人で6.79%減少した。
    さらに1910年には、1,313万人となった。
    いかに酷い国だったか如実にわかるではないか。
    それが、日韓併合により32年後の1942年の人口は2,553万人で、倍近くになった。
    さらに、平均寿命も倍に延びたのである。
    これで感謝しない民衆など居るわけがない。
    実際当時を知る韓国のお年寄りは日本統治を評価している。
    が、それを口にした老人が反日教育を受けた若者に殴り殺される事件が起きた。
    これでは本当のことなど言えないではないか。
    李氏朝鮮により搾取され奴隷同然だった民衆は日本統治で救われたのである。


    参考になった0

  • 正しいことを言えない不条理

    反日種族主義がベストセラーになっている。
    徴用工も、慰安婦も嘘っぱちだというものだ。
    歴史的事実を突き詰めるとそういう結論にならざるを得ない。
    しかし著者は韓国で猛バッシングを受けているという。
    暴漢にも襲われたらしい。
    ホロコーストを否定するアーヴィングも同様。
    裁判で破産させられ、挙句逮捕までされた。
    事実を言えない世の中って何なんだろう。
    アウシュビッツのガス室は戦後作られたものである。
    これはアウシュビッツ博物館のガイド長が認めています。
    アウシュビッツにはプール、映画館などの娯楽施設がある。
    写真が残っています。
    病院もあり病人は治療を受けられた。
    医療記録が残っています。
    囚人は労働力として働かされてはいたが十分な食事が提供されていた。
    これは赤十字の記録に残っている。
    作品にも出てくるがユダヤ人絶滅の命令書はない。
    移住させろとの命令書はある。
    ユダヤ人問題の最終解決とは絶滅ではなく移住のことなのだ。
    連合軍は手あたり次第無差別爆撃をしインフラを破壊した。
    これによって収容所への物資が届けられなくなり餓死者、病死者が続出。
    死体の山の写真はナチスの虐殺ではなく連合軍の無差別爆撃の結果である。

    参考になった0

  • キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位

    「川の底からこんにちは」「舟を編む」の石井裕也作品。
    最下層民の最下層民による最下層民のための映画。


    参考になった0

  • マンチェスター・バイ・ザ・シー

    DVD/CDレンタル

    購入・利用済み

    アカデミー主演男優賞と脚本賞に輝いた作品。

    これは観ないわけにはいかない。
    義務感だけで観たが苦痛で苦痛で。
    2時間の長い事長い事。
    死ぬかと思った。
    一ミリも面白くない。
    時々あるよねこんな受賞作。
    いや、結構あるか。

    参考になった0

  • エクス・マキナ

    DVD/CDレンタル

    第88回アカデミー賞で視覚効果賞に輝いたSFサスペンスの秀作。

    スタイリッシュな映像に痺れた。
    将棋でも証明されているようにAIの知能は人類を超えた。
    人類を滅ぼすのはAIだと思い知らされる恐怖映画。

    参考になった0

  • 全映画ファンに強く伝えたい、「とにかく絶対に観ておくべき」

    アカデミー賞ノミネーションが発表され、
    作品賞&主演男優賞&監督賞&脚本賞4部門にノミネートされた。
    これはチェックせねばと映画館へ。
    ほんの数分の画を見ただけで一級品だと確信した。
    ところがこの作品、コメディアン上がりの監督によるデビュー作と聞いて驚いた。
    とんでもない才能の持ち主だ。
    初監督作にして既に巨匠の域に達している。
    たったの5億の製作費で282億を稼ぎ出したらしい。
    観ないと後悔する映画だと断言できる。
    これはどういう事どういう事と疑問が湧いてくるがエンドロールの時には
    ああ、そう言う事かと全ての疑問が解決している。
    これは名作、傑作の条件だと思う。
    君の名は。の様に二回も三回も観なければ意味が分からないような作品は論外だ。
    メイドが流す涙の意味。
    そういう涙なのかと切なくなる。
    黒人青年ローガンが発した「Get out! 」
    これは出て行けという意味ではなく、逃げ出せという意味だと思った。



    参考になった2

  • 最高の花婿

    DVD/CDレンタル

    フランス映画は大嫌いだが本作は別

    本国フランスで1,300万人の観客を動員して
    2014年の年間興収成績1位のヒットとなったのも頷ける面白さ。
    異文化の衝突、人種差別を描きながらも最後は・・・という話。

    参考になった0