ヘルプ

レビュー情報

リアルゴールドさん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    773

  • 参考になった

    575

並べ替え

  • SPACE BATTLESHIP ヤマト

    DVD/CDレンタル

    日本の娯楽SF作品

    この作品、先入観無しで
    怖い物見たさと、ヤマト世代でも有る為、期待半分で
    鑑賞致しました。

    良くも悪くも時間潰しに最高のクオリティでした!

    民放の二時間ドラマより良かったです。
    レビューで叩かれる程の作品では無かったですょ。
    ほんとに。

    昔のオリジナルと比べるのが無理な話で
    オリジナルから三十年も経ってます。

    本作は・・・
    前半は「宇宙戦艦ヤマト」中盤「月9ドラマ」
    後半「さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち」
    で構成されてる娯楽大作です。

    リアル「ヤマト」世代に、敢えて見て頂きたいです。
    デスラーも現代風になると「マトリックス」に
    なるのか~と時の流れに涙して下さい。

    参考になった5

  • 素晴らしい!・・・けど

    素晴らしい!良い仕事をされてます・・・が・・・「非常に良い」評価はAV転向後に付けたいと思ってます。さっ、早くAV界にGO!

    参考になった1

  • これぞ伝説の一枚・・・

    「これぞ伝説の一枚」って言う言葉が似合う一枚。大滝詠一、山下達郎という後に音楽界の巨人となる二人と共に歌う伊藤銀次の「幸せにさよなら」は胸にジ~んときます。こんな時代に聴くと時代遅れという感覚より本来音楽が持つ力を見せつけられる三人のコンポーザーの作品集でもあります。

    参考になった0

  • これぞ伝説の一枚

    「これぞ伝説の一枚」って言葉が一番似合うアルバムです。山下達郎、大貫妙子を擁するバンドの最初で最後のアルバム。これが数十年前の音なのか?!と思える演奏力、歌唱力。歌詞の向こうに見える世界観も素晴らしいです。

    参考になった1

  • まさに

    キャリア中、全盛期の一枚です。よく考えたら世界中で売れたのは日本だけでしたが(笑)本作は全曲代表曲、神の快進撃の如く素晴らしいハードロックを堪能できますね。

    参考になった0

  • 参考になった1

  • マッコーリー君

    マッコーリー君が加入して一番人気の作品でしたね。すごく張り切り様が伝わるんですが、マッコーリー君の声はマイケルのギターに絡み合わない感じがするんですよね。マッコーリー君の歌がマイケルのギターサウンドを普通のギターサウンドにしてしまう様な。ただ、曲は今までのMSGとは違う堅めのロック。昔からのファンでは無い方なら良いです。

    参考になった0

  • 古くからの

    ファンの方々には最近のマイケルのアルバムは少々掴みが難しいかと思いますが、本作は「あの頃」の作品と負けない内容です。まさかのレインボーの声だったジョー・リン・ターナーの歌声と、マイケルに一番似合うボーカリスト、ゲイリー・バーデンの歌声が聴けます。ちょっと感動しましたょ。

    参考になった0

  • デビューから・・・

    彼の持ち味の毒々しさと弱弱しくもギラリと光るファイティングポーズの様な歌の数々は最近はめっきり影を潜め、優しい歌になりました。これも年を重ねてきたアーティストとしての味だと思います。

    参考になった0

  • 代表作の・・・

    代表作の一枚。ノーマルなルーム335を聴くなら本作でしょう。ギターをやってる方々には本作の軽やかにジャジーな数々のフレーズは必聴ですね。

    参考になった0

  • 適度に・・・

    昔の作品と比べずに責任を持って評価するとすれば・・・
    「良作」だと思います。

    気に入らない点は人それぞれで・・・敢えてレビューしませんが、良い点だけを書くとすれば、CGのおかげでヤマト全作の中でメカの描写は一番です。下らないアメリカのSF映画を見るよりマシです。

    やっぱり・・・一番気に成った事だけ書きます。
    映画の冒頭に「原案・石原慎太郎」と出すのは問題だと思います。政治的に彼を好きでは無い人も多い筈。これが無ければ星五つでも良かったですね。

    参考になった6

  • 新ドラマー加入!

    樋口氏の後にドラムに座ったアンパン鈴木氏。彼の正式加入で新しい展開を魅せるのか?と色眼鏡で聴いてしまいましたが・・・予想を良い意味で裏切る新生ラウドネスのサウンドでした。オープニングからアンパンの2バスが炸裂して興奮度満点。更にラウドネスは極みを目指しています!

    参考になった0

  • 参考になった3

  • metal!

    二井原さんのボーカルは、やはりここでも健在でした。彼のボーカルを聴くとどうしても、ラウドネスのイメージが出てしまいます。だけど・・・ファンキー末吉さんの爆風よりもかっこいいドラムに聴き惚れてしまいました。

    参考になった1

  • 参考になった0

  • 参考になった1

  • 日本のビッグアーチストの新曲!

    ちゃんと復活してくるんですね・・・こうださん。ほとぼり醒めたと思ってるんでしょうね。

    参考になった1

  • 懐かしい!

    まさか、こんな企画物ベストが出るとは思いもしませんでした。高校生の頃、大好きだった「ジャスミン」をこの歳になって聴いたら恥ずかしい様な気になりました。あの頃自分は、こんな攻撃的な物が大好きだったのか・・・とか。でも懐かしくも幸せな気分に浸れたベスト盤でした!

    参考になった0

ページのトップへ