ヘルプ

レビュー情報

葉子姐さん大好きさん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    1129

  • 参考になった

    500

並べ替え

  • ホノカアボーイ

    DVD/CDレンタル

    何がいいんだか・・

    退屈極まりない映画。何を言いたいのか、何を見せたかったのか・・さっぱりわからない。こういう映像で「癒された」だって?現代人はずいぶん癒しのハードルが低くなってきたようだ。じゃあお前は何が目的でこのDVDをレンタルしたんだ・・と言われそうだが、ただただ松坂慶子が見たかっただけだ。彼女が出ている映画は全部見ようと決めたから、どんなに退屈でもおしまいまで見た。電動ベルトで腹を揺すっているときも、喪服を着ているときも松坂慶子はいい女だ。クイーンオブ熟女だ。

    参考になった0

  • 美しき老女幾島

    松坂慶子扮する篤姫の教育係、老女幾島は、第2巻からこの巻まで出ずっぱりの大活躍。篤姫は時々絢爛豪華な衣装に負けている場合もあるが、幾島はその人間的度量と知性でもって存在感を示し、いかなる豪奢な打掛を羽織ろうと堂々たる姿は微塵も変わりない。そしてその圧倒的な人間力で篤姫を支え大奥に君臨する。凛とした声は澄み切って、しかも心に響き渡る迫力に満ちて忘れられない。熟年松坂慶子の超絶美貌を堪能できる大河ドラマとしては「春の波濤」に次ぐ傑作である。

    参考になった0

  • 松坂慶子の美しさを堪能

    マダム貞奴を演じる松坂慶子は当時32歳。半玉の小奴時代も可愛さ満点だが、水揚げを終えて芸者の奴になってからの匂うが如き馥郁たる色香は絶品。これほど美しい芸者姿は過去にも現在にも見たことがない。はじめは総集編を見たのだが、それでは物足りない。第一回から順を追って見ていくと、少女から大人の女に変貌していく過程もわかり、松坂慶子の美貌を堪能できる。蒲田行進曲や上海バンスキングしか見ていない方は、是非、この女ざかりの彼女を見て欲しい。周りを固める俳優陣も充実。芸達者な脇役も、明治の男女を生き生きと演じて小気味良い。このころの彼女を映像で残しておいてくれたNHKに感謝したい。

    参考になった0

  • 松坂慶子の最高作

    松坂慶子は若い頃から映画やテレビでよく見ていた。際立って美貌の女優だが、どことなく冷たく尖った印象があり、それほど関心をもてなかった。それが50歳を越えたあたりから俄然良くなった。成熟した女性の色香をたたえ、気品に満ちてしかも人間的な温かみを感じさせる女優に変貌を遂げたのだ。その美しさが最高点に達したのが本作である。どの場面を切り取っても息を呑むほど美しい熟年の母親像に出会える。物語は現代の深刻な問題を提起するものだが、私には唯々美しいマドンナヴェルデ=みどりという名の聖母の姿と言葉に深いため息をつくのみだった。アイリーン・ダンやグリア・ガースンに匹敵する美しきお母さん。このドラマ本当に見て良かった。

    参考になった0

  • 恐れ入谷の鬼子母神

    冒頭の一曲を聴くだけで買う価値のあるディスクです。ビリャソンの歌唱に加わってくるネトレプコの第一声。その強く輝かしい声。何と形容したらいいのだろう。ホームランバッターがフルスイングして、ジャストミートしたボールがレフトスタンドを越えて場外に消えていったような爽快感です。何度聴いても心が震えます。

    参考になった0

  • 去年の夏 突然に

    DVD/CDレンタル

    会話劇です

    始めから終わりまで会話ばっかり。最後まで観るのはかなり忍耐力を要する。謎解きといえば謎解きだが、結局何がなんだか、わかったようなわからないような、見ているこちらの頭が混乱してしまう。まあ私は脂ののったリズを見るためにレンタルしたわけで、その点では満足。27歳にしては年増熟女の怪しいフェロモンが漂う。ムチムチボインの豊満な体で水着まで披露の特典付き。顔はもちろん神々しいほどの美しさだが、眉が太すぎるんじゃないかしら。これって天然? 

    参考になった1

  • アッと驚くエンデイング

    3作のうち、前2話は凡作。しかし第3話「井戸の恩返し」は面白い。全く先が読めないミステリーで、最後のアッと驚く結末まで、緩みなく展開する見事な脚本。ブラックユーモアに満ちた必見の傑作短編。ヒチコックを思わせる切れ味が痛快だ。映画好きは「これは一本とられましたな」と膝を叩いて破顔一笑だ。

    参考になった1

  • ヴィナスの接吻

    DVD/CDレンタル

    エヴァ・ガードナーは本当にきれいです

    ミュージカル風コメディに、若き日のエヴァ・ガードナーという大輪の花が咲き誇る小品。ストーリーは単純でわかりやすい。ヴィーナスにしてはちょいとお茶目が過ぎるが、まあ愛の神というのは、えてしてそういうものかもしれない。エヴァ・ガードナーといえば妖艶な美女というイメージだが、若いころはこんなキュートな美貌だったのかと驚いた。ただしグラマーでないのが私には物足りなかった。

    参考になった0

  • まあ予想通り

    ジャックドミーの隠れた名作という評判は以前から聞いていたが、ジャンヌ・モローではねえ・・と敬遠していた若いころ。さて年を取ってから観るとどうなるか?とレンタルして鑑賞したが、やっぱりジャンヌ・モローに何の魅力も感じない。脚本も映像も演出も秀逸だが、主人公がこの破滅的人妻に魅かれていくことに(少なくとも私には)説得力がない。「死刑台のエレベーター」でも「突然炎の如く」や「マドモアゼル」でも感じたことだが、どうもフランス人の感性はわかりにくい。顔は老け顔だしスタイル抜群でもない。知的雰囲気もなく官能美もない。こういう女優が人気をはくすのは何故だろう。私はもうジャンヌ・モローの映画を観るのは止めようと思った。

    参考になった0

  • 映画の黄金時代だったんだよね

    久しぶりに古き佳き時代の名画に出会った感がある。音楽と拳闘という意外な組み合せの物語なのだが、父子の愛情物語が芯となり、男女の三角関係や闇世界の大物との葛藤を絡め、巧みな脚本によってスリリングな展開を見せる。若き日のバーバラ・スタンウィックやウィリアム・ホールデン。そしてアドルフ・マンジュー リー・J・コッブという名優が存分にその個性を発揮して見事に輝く。決して世評の高かった大作ではなかったのだが、この豊かな内容だ。この時代の映画作りのレベルがいかに高かったかが分かる。

    参考になった1

  • あの手この手

    DVD/CDレンタル

    鑑賞意欲 減衰

    市川崑の名脚本で名優たちの競演とくれば、面白くないはずがない。しかし画質音声ともに劣悪。20分くらい観たらもう辟易。

    参考になった0

  • 名優・怪優の競演

    エンニオ・モリコーネの名曲に魅かれてレンタルしたのだが、あの映画とは違う作品だった。しかし、これはキューブリック監督の傑作だ。ジェームズ・メイソン ピーター・セラーズ  シェリー・ウィンタース 等々の名優が繰り広げる不思議な愛のサスペンス。残念ながらスー・リオンの容姿や雰囲気がさほど魅力的でなく、なんだかどこにでもいる品の無いおねえちゃんという感じなので、もうひとつ共感を覚えなかったが、ストーリーの展開が面白く、ラストまで惹きつけられていく。

    参考になった0

  • 参考になった0

  • いつまでも変わりませんね

    今年1月、岡崎市民会館で大野真澄プロデュ―スのライブを鑑賞した。坂崎幸之助、太田裕美、伊勢正三、杉田二郎・・ここまでは事前にわかっていたゲスト。彼らの歌で十分盛り上がったところで、サプライズで登場したのが南こうせつだった。場内はもう大興奮。絶叫のような歓声が飛び交った。はじめてライブで聴くこうせつは全く昔と変わらぬ声。50年前に下宿のラジオから流れたあの声だ。張りのある高音も低音も、なめらかなフレージングも変わっていない。客席の団塊世代の老人たちは皆涙ぐんでいた。このCDはずいぶん前の録音だが、今もなおこうせつはツアーを続け、こういうパフォーマンスで楽しませているのだ。驚くべき持続性。まさにフォーク界の鉄人、人間国宝だ。

    参考になった0

  • 聖の青春

    DVD/CDレンタル

    凡作

    期待が大きかったので、ハズレ感も大きかった。羽生・村山という天才棋士が、一体どんなに深遠な哲学的世界に生きているのかと思ったら、ちょっと変わった若者としてしか描かれていない。その言葉や対話にも重みがない。こういう若者がいたというドキュメンタリーにとどまっていて、将棋という題材で人間を活写しようという意欲が見られない。

    参考になった0

ページのトップへ