ヘルプ

レビュー情報

スターダストさん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    26

  • 参考になった

    5

並べ替え

  • ふつうだったらベスト盤みたいなファーストアルバム

    ワタクシ、沖縄アクターズスクール好きとは言っても、要は南方系の顔が好きなので、
    大阪校は守備範囲外でございます。と言いつつもBOYSTYLEのCDはしっかり所持している
    わけで。村川絵梨がNHK朝ドラヒロインになったため(だと思う)空中分解してしまった
    哀れなグループのファーストアルバム…というか、既に発売済みのありものを詰めた、
    ふつうだったらベスト盤みたいなものです。「風になって 空になって」が4曲めなのに
    そのリミックス版が7曲めに入っているという構成はなんとかならないのでしょうか。
    通して聴いていると、「あれ、また出てきたぞ?」という感じがしてなりません。まぁ
    このグループの音楽的な傾向は、この1枚でよくわかると思います。BOYSTYLEがなにを
    目指していたのかはわからないかもしれませんが。というか最低でも動画がないと理解
    困難な気がします。同時発売された同タイトルのDVDのほうがいいでしょう…。

    参考になった0

  • 中盤以降は息切れ感

    72分に30曲…要するに詰めてあるわけですね。ノンストップにアレンジされています。
    あとは好みの問題ですけど、私の感想としては、SUPERGIRLまででいい曲を使い切って
    しまって中盤以降は明らかに息切れ(苦笑) avexなのでジャカジャカ五月蝿いのは当然
    ですが、クルマでこれを聴いていたら、同乗者にダメ出しされました…。私はただ単に
    沖縄アクターズスクールの女のコが好きなだけなので(GWINKOとか…)、avex系はあまり
    聴きたくないのが正直なところ。個人的嗜好を除いて評価するならば、リミックスモノ
    ですから曲そのものを楽しむようにできていないということ、それと、コドモ声である
    ことが、一般的には難点になるのではないかな。

    参考になった0

  • 30話のストーリーは注目

    31話に藤原まゆかが出演しているので見てみました。29話はアスカの亡き(?)父への
    想いを表現したややハードめ。30話は終始ギャグタッチ。「ウルトラマンダイナ」の
    方向性を色濃く映し出した2作と言えましょう(←とか言ってますが、シリーズ通して
    見ていません。いいのかこんなレビューで)。私が見たかった31話に至っては、登場
    した宇宙人は(…ネタバレにつき割愛…)というもの。32話は山田まりやの狂演です。
    つまり深夜アニメを見るような"おおきなおともだち"のみなさんが対象だったのか。
    テレビ放映時の視聴率はそれほど振るわなかったと記憶していますが、大人が見ても
    けっこう楽しめそうです。とくに30話のストーリーは注目。毎週のように怪獣が現れ
    騒動の起きる社会における(…ネタバレにつき割愛…)という視点のものはこれまでに
    見たことがなかったので新鮮に感じました。

    参考になった0

  • マニアックスハンターズ・バイブルの改訂新版的存在

    以前にレビューした「ファイナルファンタジーXIマニアックスハンターズ・バイブル」
    (ISBN:4757727194)の改訂新版的存在。前書きで「フルリニューアルに等しい」なんて
    言っていますし、たしかに新記事もありますが、モンスターの配置情報がメインである
    ということにかわりはありません。[Ver.20070115]と記されていて、この日付のデータ
    となっていますが、オンラインゲームの宿命というか、一部のエリアでは既にここから
    変更されてしまっているので注意が必要です。そういうところには気をつける、という
    前提であれば、価格に見合った資料となってくれるでしょう。不慣れな場所へと行った
    ときにはまずこれであたりをつける習慣ができてしまいました。

    参考になった0

  • 他社の攻略本と双璧、と言うか一長一短

    「影牢II-Dark illusion-ザ・マスターガイド」(メディアワークス、ISBN:4840231346)
    と双璧と言っていいと思います。と言うかどちらも一長一短で、2冊とも買っておくと
    いいかもしれません(笑) ゲーム自体が、アクション性とパズル性を併せ持っていて、
    攻略方法も一つに収束しないのですが、2冊を読み比べると攻略が全く異なっていたり
    してなかなか興味深いのです。2冊買うのはばかばかしいしどちらか1冊だけで、という
    ことなら、安価なこちらのほうでいいと思いますが(笑)

    参考になった0

  • レベル上げ関連を除けばまぁまぁ

    DMMの解説文はちょっと誇張が過ぎるなぁ。FF11における、レベル上げ「以外の」戦闘
    関係についての記述はそこそこまとまっています。レベル上げについては、発行当時に
    最新だった(このレビューを書いている時点でもまだ最新ですが)拡張ディスクの事柄、
    新ジョブや新エリアについてのことはまぁまぁとして、それ以外の部分については何も
    書いてないのと同じというくらいスカスカな内容。とても「完全制覇」「全知識」とは
    言えません。誇大広告として通報しますよ?(笑) 載っている事柄に関してはそれなりの
    ものだと思いますので、強くお勧めはしませんが、気になるなら買ってみては。

    参考になった0

  • 中上級者には無用なのに初心者の助けにもならない

    これは微妙な本です。DMMの解説文を見ると、クイックリファレンスのようなものを
    想像すると思いますが、実際には全く違います。Q&A形式で、「エキストラジョブを
    取得するには?」というような質問に答える、というものです。そのこと自体はまぁ
    いいとして、少なくない項目が具体性に欠け、最終的な回答が得られません。これは
    何のためにある本なのか? 中上級者にとっては、とっくにわかり切っている事柄しか
    書いてない本。かといって、右も左もわからない初心者の助けにもならない。価値が
    あるとすれば、オンラインゲームであるFF11をオフラインゲームのごとく進めようと
    する人が、攻略本を見ながらそのままプレイするときに道しるべとして参照する、と
    いうようなケースだけでしょう。そんな人にはオンラインゲーム自体が向いてないと
    思いますけど。購入されるなら中身を確認してからにすることをお勧めします。

    参考になった0

  • ファイナルファンタジーX1

    本・コミック(通販)

    「アトルガン」拡張関連内容の部分の穴埋め

    ファイナルファンタジー11の攻略本。「電撃の旅団」Vol.3の3分冊は、最初の2冊が
    「アトルガンの秘宝」追加ディスクの登場より以前に発売されたため、アトルガン
    関連の情報を有していません。これはその穴を埋めるような存在の本となっています。
    電撃の旅団シリーズには珍しく「速報」を重視したようで、そのため練り込みの甘い
    部分などもありますが、それなりのクオリティは確保されています。ただし、既に
    ゲームのほうがバージョンアップが進んでいるために、情報が古くなっていたり、
    結果として欠けていることになったりしまっていますが。適宜アップデートされる
    ゲームの攻略を紙媒体で提供する以上避けられない宿命ですので、どこかで割り切り
    購入するしかないでしょう。そう割り切れればこれはお勧めできる質を有しています。

    参考になった0

  • つるの剛士の出世作

    最近、私の職場では何故かつるの剛士が大人気なのです。ということで、彼の出世作で
    あるこれを見てみました。まず思ったのは、「山田まりやが若いなぁ」ということ(笑)
    特撮ヒーローモノとしては、なんの説明もなく変身して技を繰り出し、タイプチェンジ
    関係にも注釈などがない…ということにちょっと違和感を覚えました。でも、よくよく
    考えれば、初代ウルトラマンだって、カラータイマーの点滅について、地球人が勝手に
    推測していたわけで、説明なんかないほうが現実的か。基本的にコミカル系統の脚本や
    演出を意図しているようで、あまり肩肘張らずに楽しむ娯楽作ですね。ウルトラマンを
    肩肘張って見る人も居ないだろうとは思いますが(笑)

    参考になった1

  • 過度な期待をしないように

    発売時期の問題があるとは言え、中身が薄すぎます。ゲームに付属の説明書を、少し
    詳しく書き直しただけ、という感じのページが多すぎ。コースガイドは解説の分量が
    少なく、無いよりマシ、という程度。中古車の登場サイクルなどは「攻略本らしい」
    データでいちおう評価はできるかな。しかし、「この本はダメ」と言ったところで、
    他に代わる本があるのかというと…なので、とりあえず攻略本を欲しいと考えている
    ならこれでどうですか、という程度にはお勧め。過度な期待をしないように。

    参考になった0

  • どうしても本で情報を持ちたい人以外には勧められない

    ファイナルファンタジー11の攻略本…と言っていいのかな…FF11内の「合成」に関する
    ことのみを扱った本です。大きな問題点として、情報統制が理由だと思いますが、合成
    レシピに「スキル上限」の正確な値がありません。だいたいの推測はつくとはいえど、
    これがないなら資料としての価値は半減。紙媒体である以上、ゲームのアップデートに
    ついて行くこともできません。このカテゴリに関しては、WWWと比べるとデメリットが
    大きく、紙媒体でなければならない理由のある人以外にはお勧めできません。ならば、
    紙媒体でなければならない人には勧められるのか、というとそれも微妙。印刷は美麗に
    できていますが、美麗であることに意味がなく、データ本として使いにくいだけ。この
    価格の半額くらいでもっと実践的に作ってほしいところです。

    参考になった0

  • このゲームをプレイするつもりがあるなら

    たぶんこのゲーム唯一の攻略本だと思います。ゲーム説明書を読めば済むような、
    どうでもいいことにページを割きすぎている気がしますし、その反面、ミッション
    攻略の部分については、少なくともこの倍くらいの情報量がほしい感じがします。
    しかし本の出来不出来を云々するより、ゲーム自体に問題がありすぎるので、本の
    不満点なんて些細な話、という気がしてくる…。このゲームをプレイするつもりが
    あるなら手元に置いておいてもいいと思います。ぐぐっても攻略サイトの類が全く
    見つからないですし。

    参考になった0

  • 多少は会話できるようになろう! という本

    ファイナルファンタジー11の攻略本…ではないです。FF11はなぜかゲームサーバを
    言語別に分けていないため、プレイすると外国語を使うプレイヤーたちとの接触が
    頻繁に起こります。英語を使うプレイヤーたちとうまくやっていくために、多少は
    会話ができるようになろう! というのがこの本。FF11における、実践的なタームを
    織り交ぜた英語の教科書のような前半部と、単語の対訳を並べた辞書的な後半部。
    後半部については、最新拡張データディスク「アトルガンの秘宝」の関連のものが
    全くないので、今となってはもう一つですが、それでもそれなりには役立ちます。
    問題点としては、相手の要求を断るような会話例が少なすぎることかな。

    参考になった0

  • ファイナルファンタジーX1

    本・コミック(通販)

    書籍で情報を得たいなら4冊まとめて購入がオススメ

    ファイナルファンタジー11の攻略本。「電撃の旅団」3分冊の3冊め【冒険編】は、
    ミッション・クエスト等の情報で構成。エリア・マップ等の情報を持つ、先に出た
    【世界編】と併せて使用することになります。オンラインゲームの宿命と言うか、
    このレビュー執筆時点でまだ発売から半年弱であるのに、内容自体は既に最新とは
    言えなくなってしまっていますが。それでもFF11攻略本としては最良ですので、
    書籍で情報を得たい方には太鼓判でお勧めできます。【アトルガンの秘宝編】も
    含め、3分冊+1冊の全てを同時購入されるとよいでしょう。

    参考になった0

  • 「敵」の所在を調べ上げたデータが中核

    ファイナルファンタジー11の攻略本…といっても、「敵」の所在を調べ上げたデータが
    中核となっています。公式なデータ供与で作られてはいないようで、一部にほんとうに
    正しいのか疑わしいと思うようなところもあったりしますが、私はそれなりに信用して
    使用しています。最新拡張データディスク「アトルガンの秘宝」のリリース直前に発行
    された本なので、「アトルガンの秘宝」拡張部分には全く対応していません。このため
    レベル別の狩場ガイドなどはかなり価値が落ちてしまいました。なお、新版が既に発行
    されています。そちらはまだ確認していませんが、おそらくわざわざこちらを購入する
    意味はないのではないでしょうか。

    参考になった0

ページのトップへ