ヘルプ

レビュー情報

気ままな道楽者さん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    754

  • 参考になった

    1214

並べ替え

  • 大阪の活力に呑まれた

    大方のレビューは辛辣だが、関東人の私は、良いと思ったし、何より大阪の活力に圧倒された。大都会大阪のほんの一区画である商店街付近しか登場しない設定が、かえって主題をフォーカスしているようにも感じた。今考えてみれば、この映画の封切が東日本大震災のすぐ後で、日本の活力の源泉を思い起こす良いタイミングでもあった。

    参考になった1

  • 再会の食卓

    DVD/CDレンタル

    我々に欠けているものを教えてくれる

    予告を見た時から絶対見ようと思っていた一作。地味だけど、大事なことを教えてくれる。何十年ぶりに再開した昔愛した人、一緒に逃げることまで約束した男、しかし老婆には今は長年連れ添った夫がいる、家庭もある。そこへ現れた「招かれざる客」、女はときめき、家族は敵意を持つ、平静を装いながら揺れる夫の心。静かに我々の心に訴えかける。
     エンディングがそれまでの精緻さに比べやや物足りないのが残念。

    参考になった3

  • テイカーズ

    DVD/CDレンタル

    悪党にも家族事情が・・・

    単なるギャング作品ではない、いや全く違う。悪党も警官も、皆それぞれに家庭の事情や悩みを抱えている様子が全面に出ている。それだけに虚しく悲しい。ラストにいきなり過激なドンパチ抗争が始まるのがむしろ不自然な感じさえする、しかし驚愕の収まる暇なく続き、生き残る者がいないのではと思うくらい。この種は続作を考えてるのだろうから、と思っていたら、なんとか可能な範囲でおさまった。従来とは異質のギャング作品ということで、rating:4にした。

    参考になった5

  • スリーデイズ

    DVD/CDレンタル

    ラッセル・クローらしい凝った作品

    この手の作品としては陳腐な内容だが、1シーン1シーンにラッセル・クローの思い入れみたいなものが感じられ、細部にわたり練り上げられている。些細なことも良く見ると伏線がある。妻を助けるため、素人教師(クロー)が偽造書類を作るために闇の組織に無謀に入り込み、失敗を繰り返しながらも、類い稀な運に見舞われ・・という風にハラハラドキドキの展開が続いて行く。個人差はあるだろうが、ある程度評価していいのではないだろうか。後から考えると、ほんのわずかな出演のリーアム・ニーソンの話が、この作品全体の重要なガイドになっていた。

    参考になった0

  • 白夜行

    DVD/CDレンタル

    難しい映画化

    2007年頃だったか、TVの連続ドラマで放映されたが、遂に本作で映画化、韓国でも最近映画化されてブームとなっている。傑作といわれる原作を映画化するのはかなり勇気がいる。映像で表現し、しかも2時間そこそこで納めなければいけないという制限もある。本作は事件を追う刑事に焦点を当てており、熱血漢が似合う船越栄一郎が熱演している。これも一つのスタイルだと思うが、どちらかというと二時間サスペンスドラマ風になってしまった。子役は亮二・雪穂とも、うまかった。

    参考になった0

  • マネーボール

    DVD/CDレンタル

    選手がかわいそうかもしれない

    お金をかけずに、理論や統計を駆使して試合に勝つ!アスレティックスのGMの奮闘ぶりと、現場との葛藤を描く。少し変わった角度からの作品だし、ブラッドピットも熱演してるが、見てると選手が可愛そうになってくる・・というのが正直な印象。いくら勝っても、私だったらここにはいたくない。作品としては良くできているがやや偏っているのが今一歩。

    参考になった0

  • 洋菓子店コアンドル

    DVD・Blu-ray(通販)

    ありがちな話だが

    ある事を契機にやめたシェフがもう一度立ち直るというのは、ありがちな話で、今回もパティシエに変わっただけとも言える。蒼井優扮する「なつめ」が、我が儘で気に入らうないと当り散らし、とんでもない女の子である点が異様だ。そういう彼女も成長してゆくのであるが。。話の内容は別にして、おいしいものは人を幸せにし感動を与える。これはいつも感じることだ。本作も例外ではない。佐々木すみ江、加賀まりこ、鈴木穂積といったベテラン陣がしっかりと支えて良い仕上がりになった。

    参考になった1

  • エンターテインメントのための作品

    三銃士に纏わる主要人物こそ登場するが、極端に言えば、話は三銃士でなくても、何でもよい。飛行船の空中アクションがこの作品の見せ場。エンターテインメントのための作品だと言ってよい。映画館で3Dで見たらさぞ迫力があるだろう。アクション好きにはお薦めの作品

    参考になった2

  • 予想通り

    封切になった時からレンタルしようと思って待ち遠しかったが、期待を裏切らない出来だった。話の筋は陳腐だが、それを感じさせないジョニー・デップのワンマンショー。蛇蝎視されがちな爬虫類・両生類が登場人物という点が、かえってコミカルで面白い。付録映像を見てそれぞれの動物が良く描かれていると感心した。蛇足だが、完全版と劇場版の両方が入っていて、カットシーンは劇場版に対応する。

    参考になった1

  • モンスター上司

    DVD/CDレンタル

    途中まではおもしろかったが・・

    途中までは、誰もが上司に抱く「あいつめ!」という共感があったが、そのうち、あらぬ方向に話が進展して台無しになった気がする。それと、何気なしに見ていたが、ジェニファー・アニストンがあそこまで露出したのは「お宝もの」だと後からネットで知った。

    参考になった1

  • リミットレス

    DVD/CDレンタル

    誰でも考えることなのだが・・

    ブラッドリークーパが主演したことが、この作品の価値を高めたように思う。誰でも考えることなのだが、彼が演じると現実味を帯びる。やりすぎな部分も多々あるが、ここまであからさまに描写されると脱帽だ。

    参考になった0

  • 意外としっかりした作り

    ただのホラーかと思ったが、結末はなるほどと納得させるものだった。見終わって、この手の話は10年ほど前にも流行ったなあと回想した。「24人のビリー・ミリガン」何のことを言ってるのかわからない人は、最後まで見てみて

    参考になった0

  • 教育教材かな

    子供がみ見ても、大人が見ても楽しいのは、そうはないが、この作品はまさにそれだろう。しかも教育教材みたいに教えが入ってる(笑)ナニーマクフィーに関連したファンタジーも現実離れしてて面白い。子供達が成長するにつれ、ナニーマクフィーのメーキャップが少しずつ変わっていくのも、凝っている。

    参考になった0

  • 4デイズ

    DVD/CDレンタル

    映画館で見たくない 

    テレビ放送向けという感じ。わざわざ映画館に行って見る気はしない。内容は見てみればわかるが、すさまじい。相当な覚悟が必要。憤りさえ感じるほどの、正義の名の下の暴力。見終わった時にあなたは何を感じるだろうか?

    参考になった0

  • クォリティは相変わらず高い

    恒例のGWの映画、2011年度版。さすがにクォリティは高く劇場版として良い仕上がり。視聴者を裏切る意外さがあってますます感動するものを、密かに期待していたが、贅沢な望みだった。それにしても、このシリーズ爆弾が多い。

    参考になった0

  • 岳-ガク- DVD通常版

    DVD・Blu-ray(通販)

    山岳救助の大感動物語

    険しい山に登ったことがないだけに、感動した。主人公・島崎三歩の笑顔の裏に幾多の苦悩を見る。大自然の景観、山の厳しさ、人命救助チームの熱意・・そういうものが、ひしひしと伝わる。強いてケチをつけるとするなら、主人公が格好良すぎることぐらい。コミックの映画化とは知らなかったが、なるほどと思った。

    参考になった1

  • あまり意味のないアクションシーンが多すぎるか

    若い女の子達のお色気版ロールプレイングだと思ってみれば初めの30分ぐらいは面白かったが、途中から無意味なアクションシーンの連続で、辟易した。売春宿に売られた若い子たちが脱出計画を練るという単純なことが、心象風景も交えてこうも大袈裟に描かなくとも、と思ってしまう。邦題も別のことを予想させる。英語題の”Sucker Punch”の方が合っている。映画の中でも”Baby”と言われているし・・
    一番驚いたのは、このレビューの多さ。何故この作品に、と思いながら、私も書いている(笑)

    参考になった0

  • アイ・アム・ナンバー4

    DVD・Blu-ray(通販)

    No4とNo6に注目!

    内容はありきたりの「駄作」。見ていて面白いが、TVドラマの域を出ない。続作を予定しているようだが、余程頑張らないと苦しい。注目は能力者にのN04(アレックス・ペティファー)と、No6(テリーサ・パーマー)に若手有望格を起用していること。とくにパーマーは猛特訓して初のアクションに挑戦している。今後の二人の活躍に注目したい

    参考になった0

  • 逢えてよかった

    DVD/CDレンタル

    屈折した若者の非行を立ち直らせる「石原おじさん」

    実話というから驚きだ。若者を非行から救う「石原おじさん」は何と本の作者。立ち直った主人公のチエコも実在。何の禊もせず許されてよいものか、と思うほどの非道を重ねるチエコとその仲間達には腹が立つが、最後はうまくまとめてある。多田あさみのヌードで話題でもあるが、そのために買うのはやめた方がいい、アイドルの範囲だから期待外れ。

    参考になった0

  • 127時間

    DVD/CDレンタル

    生々しすぎる

    渓谷の奥底、岩に挟まれてから脱出するまでの、苦闘・嘲笑・幻想・妄想などの心理描写を克明に描くという異色作。作品の後半になるにつれ、映像が生々しくなり目を覆わずにはいられない。私は二度と見る気にはならない。93分という短時間がせめてもの救いだろう

    参考になった0

ページのトップへ