ヘルプ

レビュー情報

勿忘草さん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    309

  • 参考になった

    2400

並べ替え

  • テルマエ・ロマエ

    DVD/CDレンタル

    テルマエ

    原作は未読ですが、テンポがよく序盤から話に入り込めました
    タイムスリップものの定番としてのカルチャーギャップと、それに驚くルシウスが笑えます
    ウォッシュレットにブルッとくる阿部寛さんは最高でした!
    平たい顔族の面々もみんないい味出してます
    [銭湯]・[家風呂]・[住宅展示場]・[露天風呂]…と色んな現代技術を上手くテルマエに取り入れるあたりも面白い
    ただ後半…これも定番の「歴史の補正」ですが、展開にもう一ひねり欲しかったかも
    それと上戸彩さんの役どころがいまいち
    そのほか多少強引な所もありますが、それでも総じて肩肘はらず気楽に終始楽しめるお勧めの一作です

    参考になった11

  • 逆転裁判

    DVD/CDレンタル

    コスプレだけ…

    役者にコスプレをさせて「意義あり!」って言わせたかっただけの映画
    そもそも『序審裁判』って設定に無理がありすぎる
    ゲームとしては時間的な制約が必要でしょうが、映画にするとあまりに理不尽でいい加減すぎて入り込めない
    言葉に詰まるだけで、その度に審議を即打ち切ろうとするし
    『一事不再理』すら無視した内容も、あまりに現実味がなさすぎです

    法廷モノの醍醐味は、緻密な問答の中から矛盾と証拠を突きつけ相手を論破する所にあるのに
    事件と裁判内容のプロットがあまりに杜撰で安っぽすぎて、腑に落ちない疑問だらけのまま爽快さにも欠ける
    主人公は常に行き当たりばったりの思いつきで乗り切ろうとするので、苦し紛れにしか見えず終始グダグダしっぱなし
    しかも裁判中につまらないギャグで水を差すもんだから緊迫感もなかった
    原作ゲーム自体が軽い感じなんで仕方ないのかもしれませんが、実写化して面白かったとは言いがたい作品でした

    参考になった4

  • 高まるぅ~♪

    『ファティマ第三の預言』に『シンプルプラン』とちょっと唐突ではあるけど、さらに謎が深まってきました
    特に宗教を絡めてきたあたりは個人的にも興味深い
    ただ堤監督の世界観は好き嫌いあるから『伊藤淳史さんのSPEC』や、所々の寒いギャグは好みが割れるでしょうね
    それでも今回も、SPECホルダー達やニノマエとの対決は楽しめました
    相変わらず、当麻と瀬文のキャラと掛け合いもいい感じです
    あとSPECってやっぱり『JOJO』の影響受けてたんですね(小ネタ有り)
    次回作に向けて『ゴエティア』・『ソロモンの鍵』・『潤ちゃんのSPEC』・『向井理さんの存在』も気になります
    特にエンドロール後の映像は伏線だらけっぽい
    何気に雅ちゃんも実は重要人物?
    マシ・オカが海外ドラマとしてリメイクするらしいし、次回作の『欠(仮)』も楽しみです

    参考になった3

  • ドッキリと恐怖を履き違えた愚作

    突然騙まし討ちの様な大音量の効果音で驚かす安易な海外ホラーになりさがった駄作
    背筋がぞくぞくする様なJホラーならではの恐怖は全く感じられず
    この監督は、「驚かせる」と「怖がらせる」は別物だっていまだに理解できてないみたいで
    ましてやハリウッドナイズされたような化物の大群や、叫べば最強の超能力とか…
    もはや「貞子」の名前だけ使った別作品でした
    しかもいちいち演出が安っぽい
    使い古された横からのダンプ轢き逃げや、飛び出る手とか蛾のちゃちいCG
    可愛すぎるとマスコミにもてはやされた橋本愛さんも、貞子役としてははっきり言ってミスキャスト
    後を引かない中途半端な結末も脚本のセンスが問われます
    石原さとみさんの演技だけが唯一の救いでした

    参考になった0

  • 過去最低

    原作者の古賀新一監督作品という事で期待したんですが…
    皮肉にも今までのエコエコ作品の中で最悪の駄作でした
    黒井ミサは確かに役柄が難しいとは思いますが、今回の主演:前田希美さんには全く魅力を感じられず
    ミサらしい陰のある部分が皆無で、普通の女子高生を明るく演じてるだけの完全なミスキャスト
    演技もナレーションも棒読みで恐怖感も盛り上がりもなし
    大魔術師ガンガーガムもただのチャラい若造キャラで全然強敵に見えない
    なによりストーリーがしょぼい
    漫画の一話を切り取った程度の浅い展開だし、リアルな魔術が見所の本作で使われたのが「丑の刻参り」だけって…
    ミサのピンチもない為危機感は感じず、圧倒的な魔力を見せつける爽快感もなかった
    吉野公佳さん・佐伯日菜子さん作品どころか、低評価だった加藤夏希さん・近野成美さん版にすら及ばない残念な作品です

    参考になった4

  • ザ・コーヴ

    DVD/CDレンタル

    無知な偏見と差別、売名と金儲け…

    隠し撮りと騙し取材で作った犯罪まがいの作品
    アカデミー賞の権威も失墜しました
    可愛くて賢い動物は可哀想で、知能が低く醜い動物は殺して食べてもいいのか?
    牛や豚やカンガルーは良くて、鯨やイルカは何故ダメなのか?
    こんな根本的な問いにすらまともに答えられない差別作品です
    他国の食文化を認めず、自分達の貧相なエゴだけを推し通そうとする危険な思想
    科学的根拠の乏しい感情論と、批判する事で寄付金稼ぎを目的とした極めて愚かしい差別と利権の象徴です
    環境保護団体の名を借りた悪質なテロ行為が黙認されている現状には憤りを感じます
    そもそも国際法上問題の無い漁と、法に触れ人に危害を加えている反対行動のどちらに正義があるか
    こんな簡単な事実にすら目を背けたアカデミー賞の凋落も近いでしょうね

    参考になった22

  • いよいよ完全新展開

    ヤシマ作戦までの再編集だった『序』と違い、今作は『破』のタイトルに相応しい新展開
    新キャラ・新ヱヴァ・新ストーリーと、本当の意味での『ヱヴァンゲリヲン』最新作です!
    出来上がった作品に、新要素を馴染ませるのは難しいと思いましたが、それほど違和感なく観れます
    映像のクオリティも高く、今までとは違う展開も興味深く楽しめました
    シンジは熱くて格好良く、レイは人間臭く、アスカはいいヤツにとキャラにも変化が
    圧倒的な第10使徒ゼルエルを始め、激しい戦闘アクションも見所
    TV版の第七話~第拾九話迄をなぞりながら、実質的に旧劇場版ラストまで進みます
    『序』での「変わらないなぁ君は」や、今作での「今度こそ君を幸せに」ってカヲルのセリフ…
    やっぱり【パラレル】か【ループ】オチの伏線!?
    そんな安易じゃない事を祈って、『急』→『Q』にタイトル変更した次回作にも期待です

    参考になった28

  • 生誕30周年記念リメイク

    冒頭で、きっかけになったジェイソンの母親の事件(オリジナル1作目)が20分位描かれます
    だからリメイクって言っても、『1』のその後を改めて作り直した感じ
    その長いプロローグの後はおなじみの展開
    ご丁寧に一人ひとり殺し方が違うのは楽しめますが、大して怖くないです
    相も変わらず、「怖がらせる」っていうより「音で驚かす」っていうドッキリ演出
    ハリウッドホラーは、進歩と言う言葉を知らないみたい
    お約束で女の子の裸もムダに出てきます
    粗製乱造された挙句、NY行ったりフレディとまで戦ったのに、今更ふりだしに戻られても…
    コメディに成り下がったシリーズではこれ以上継続できず、仕方なく原点に立ち返ったっぽい
    ラストもホラーの超定番で、デキは至って無難で普通

    参考になった1

  • ハッピーフライト

    DVD/CDレンタル

    ANA全面協力

    機内では…気難しい機長、昇格テスト中の副操縦士、国際線初フライトでテンパる新人CA、仕事に厳しいチーフパーサー
    地上では…管制官、整備士、バードパトロール、グランドスタッフetc…
    フライトに関わる色んな人達が色んな所で色んな問題に右往左往する様子を描いた群像劇です
    コメディなのに、ちゃんと航空業界の裏側まで細かく調べつくしていて楽しめました
    綾瀬さんは『僕の彼女は…』や『ICHI』みたいな凛とした役もいいけど、コミカルで少し大袈裟な演技が可愛かったぁ♪
    先輩チーフパーサーの寺島さんが、クレーム客に毅然と対応する姿も格好よかった
    展開が散漫になりがちですが、豪華な俳優陣が魅力的でどの話も面白い
    岸辺一徳さんや笹野高史さんはさすがの存在感でした
    ただ『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』と比べると、ちょっと盛り上がりに欠けるかも

    参考になった0

  • 転々

    DVD/CDレンタル

    メ~ダ~カ~でっすよ~♪

    相変わらず好き嫌いのわかれそうな三木聡監督のシュールな世界感ですが、個人的にはすごく楽しめました
    つむじの匂いとか、自転車事故のおばちゃんとか、岸部一徳さんネタとか独特な笑いの連発
    ただ「時効警察」や「亀は意外と…」に比べると、小ネタがちょっと緩慢でパワーダウンな感じです
    エレキギターの男や、絵描き女、ラコステは必要以上にダラダラ長いわりにいまいちだったし
    そんな中おなじみの岩松了さん、ふせえりさん、松重豊さんはいつも通りいい味出してますし、友情出演の彼女には思わずニヤリと!
    あと特にふふみ役の吉高由里子さんがすごく可愛くて魅力的♪
    終盤で、擬似家族を演じるうちに本当に温もりを感じ始める文哉が、すごく切なくてやさしい気持ちにさせられました
    エンドロール後の一コマも忘れず観てみて!

    参考になった0

  • 蟹工船

    DVD/CDレンタル

    「おい、地獄さ行ぐんだで!」

    安価な賃金で酷使させられる労働者…
    利益を不当に搾取し続ける資本家…
    蟹加工船での、新庄率いる労働者達vs監督者浅川の攻防が描かれます
    現在の不況下の雇用情勢と、作中の悪辣な労働環境が重なり共感され再ブームになったそうで
    小説で大筋は知ってましたが、労働者達の不幸自慢とか、集団自殺とかで気が滅入ります
    結局は、終わりの見えないこの不景気や環境を打破するヒントが提示されてる訳でもなく…
    ただ団結して浅川と対峙するシーンはゾクッときました
    抑圧され鬱屈とした中、カリスマ的な新庄を演じた松田龍平さんがよかった
    こういう鬼気迫る役柄は抜群です
    小説と同じくあえて答えを出さない結末も、その後の展開を考えさせられます

    参考になった3

  • 天使の恋

    DVD/CDレンタル

    やっぱりケータイ小説

    ケータイ小説定番の、「売春」「レイプ」「難病」&「純愛」を詰め込んだ相変わらずのありえなさ
    突っ込み所満載です
    前半主人公の理央は、援交や恐喝をする様な荒んだ女子高生
    って思ってたら人を好きになると、コロっと恋する乙女にキャラチェンジ
    で突然ラブコメに変わったと思ったら、恋人の病気が発覚すると今度は悲劇のヒロイン扱い
    でも売春・恐喝・友達への裏切り…って話の流れを忘れてまで、可哀想なんてとても思えません
    加えて佐々木希さんの演技はとてもじゃないけど…
    確かにビジュアル的にはとにかく可愛い!
    モデルらしく服を着せ替えしたり、付箋を貼られた顔なんかホントに可愛かった
    …けど棒読みセリフの素人演技はヒド過ぎで見れたもんじゃないです
    感動的?なラストと、相手が谷原さんクラスじゃなかったら救いようがなかったと思います

    参考になった25

  • ぎゃぽ~

    スペシャルドラマ『のだめカンタービレ in ヨーロッパ』の続き
    最終楽章前編の今作は、プラティニ国際音楽コンクールで優勝後の『千秋編』って感じでした
    漫画やTVシリーズ好きには大満足だと思います
    逆に今までの作品を観てないと少し入り込みにくいかも
    常任指揮者になった千秋が、寄せ集めのオケを一から立て直し演奏会に臨みます
    孫Ruiに嫉妬しながら迷走するのだめも面白かった
    のだめ絡みのコメディパートと、演奏会のシリアスシーンのメリハリがきいててすごく楽しめました
    千秋のピアノ弾き振りを見て落ち込むのだめがどうなるか…後編『のだめ編』が楽しみ
    シュトレーゼマンの思惑も気になるし
    前編ではほとんど出てこなかった、峰や清良やR☆Sメンバー達にも期待です
    関係ないけどこの作品以降ここ数年、上野樹里として出演の時ものだめ口調になってる気が…

    参考になった7

  • 実写リメイク

    『クレヨンしんちゃん』でも人気の高かった『嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』の実写化
    しかもエピソード重視のリメイクなのがよかった
    細かい点は所々違ってますが、全体的にシリアスになった位でほぼ同じ展開
    それでも原作のデキが良いだけに充分楽しめました
    CGへのこだわりに定評のある山崎貴監督らしく、合戦のシーンもリアルで迫力があります
    タイムスリップものにありがちな、未来の車や携帯電話・カレー・ビールetc…に驚く侍達のリアクションも面白い
    時代劇ファンタジーの悲恋ストーリーとして、ラストはじんわり泣けました
    新垣さんの和装もすごく可愛かったし、アニメ作品の実写化としては成功だと思います

    参考になった12

  • 心温まる冒険

    3D上映で観ましたが、2Dでも全然いいかも
    20年程前、実際に風船気球で太平洋横断を目指し消息不明になった風船おじさんを思い出しました
    もちろん本作はピクサー得意の、愛と夢がテーマのハートフルストーリーです!
    始まってすぐサイレントで描かれる、カールと妻エリーの回想にいきなり感動しました
    夫婦愛の深さと、この家にどんな思いが込められてるかキモの部分が描かれます
    『つみきのいえ』を思い出させる様な、この冒頭が一番のクライマックス?
    その後のテンポもよく、中盤位で約束が果たされてしまいどうなるかと思いました
    でもそこからの展開も意外で、ラストまですごく楽しめました
    年齢・性別を問わず安心して観れる作品だと思います
    本当に大事なものは何なのか…カールじいさんの気持ちが伝わり、いい余韻が残る作品です

    参考になった3

  • 超常現象捜査防衛局【BPRD】

    単体でも完結してますが、リズとの関係やマイヤーズの左遷とか前作を観た方がより楽しめます
    今回は、最強鋼鉄兵団ゴールデン・アーミーの復活と世界征服を企むエルフ族:ヌアダ王子との戦い
    アメコミヒーロー物の中でもコメディ色が強い異色作です
    人間に育てられた悪魔:ヘルボーイ
    発火能力者:リズ
    水棲人:エイブ
    この3人に加えて、新メンバー:ヨハンも良い味出してます
    強烈で個性的な見た目とは裏腹に、やけに人間臭い所が面白い
    独特の世界観ですが、すごく入り込みやすいし
    歯の妖精、森の神エレメンタル、死の天使…etc、色んなクリーチャー達の造形も素晴らしかった
    アクションシーンもいい感じで、続編にも期待です

    参考になった0

  • ラブファイト

    DVD/CDレンタル

    悪くない…けど

    ケンカが強い北乃きいさんと、ヘタレな林遣都さんの青春スポ根恋愛モノかと思いきや…
    【高校生のラブコメ】+【大人の人生ドラマ&恋愛】って感じ
    プロデュースした大沢たかおさんが、自分をアピールしすぎな気がします
    昔の大木と稔を、重ね合わすように描きたかったんでしょうけど…
    後半は過去を引きずる元ボクサーの辛気臭い話と、順子との恋愛が長々と語られちょっと退屈
    もっと亜紀と稔のラブコメに絞って短くまとめればよかったのに
    ただ北乃さんの関西弁は可愛いし、ハイキックやボクシングシーンはなかなか
    大沢さんとのキスシーンといい、今回かなり体を張ってがんばってました!
    でもあのセーラー服はちょっと…

    参考になった1

  • ハルフウェイ

    DVD/CDレンタル

    『ハーフウェイ』

    ドラマ『太陽と海の教室』の北乃きいさん&岡田将生さんコンビの青春映画
    初々しくて気恥ずかしくて、未熟で不器用だけど一生懸命恋に悩む高校生が描かれます
    内容自体は…受験と卒業を控えた主人公が、恋愛と進路の間で揺れ動く…ってありがちな展開
    ストーリーを重視するより、アドリブにまかせた自然な会話と雰囲気を魅せる為でしょうね
    アドリブと手持ちカメラでの長廻し映像は、ドキュメンタリーっぽい臨場感です
    飾らない等身大の高校生の素の表情が楽しめました
    わがままで面倒臭いヒロインですが、天真爛漫な笑顔と可愛さで相当緩和されてました
    ただそれ以外特に観るべくもなく、スッキリしない結末にもガッカリ
    それに全編アドリブだからか、監督なのに北川悦吏子さんっぽさはあまり感じられず
    むしろ『花とアリス』を思い出させる、岩井俊二さんの独特な空気感の映像だけが印象的でした
    それにしてもタイトルの経緯はバカっぽい

    参考になった10

  • テケテケ2

    DVD/CDレンタル

    カシマの“カ”は…

    冒頭で『1』のダイジェストと可奈のその後が描かれてから、本編が始まります
    些細なキッカケでイジメにあった玲子が、テケテケを利用し復讐を開始
    さらに隠されたカシマレイコの悲劇が新たに明かされるんですが…
    同時にいかにも都市伝説っぽい怪しげな、漢字遊びの「死の法則」と、下らない「呪文」も追加
    前作以上にたくさん人が、強引な法則でブッた切られます
    テケテケやCG部分はよかったけど、いかにも人形な死体はちょっと安っぽすぎ
    ただテンポがよく大して怖くない分、ホラーが苦手な人にも見やすいかも
    ラストも、菜月があの場に戻った時点で予想がつきましたが、悪くない結末だったと思います
    けど『1』で語られた「慰霊碑」とかはなんだったんだろ?
    仲村みうさんは軟禁事件とかで胡散臭い印象をもってましたが、そのイッちゃってる感が玲子役にあってました

    参考になった1

ページのトップへ