ヘルプ

レビュー情報

でんどろさん

  • 3ヶ月ランキング

    --

  • 年間ランキング

    --

  • レビュー投稿

    106

  • 参考になった

    149

並べ替え

  • なぜ?

    特典映像を見たら、なぜ削除したのか理解に苦しむ。重要なシーンが多いと思うのだが。

    参考になった0

  • そのこころは

    映画館で観ましたが、途中であることにハッと気づいてからは、いきなり楽しめる作品に。
    それは、ハンコックのシンボルであるイーグル。
    イーグルをシンボルにして、力は強いが歓迎されない・・・そう、「アメリカ合衆国」です。
    この映画はアメリカのダメダメぶりを描くとともに、エールを送る映画なのです。

    参考になった10

  • アルマゲドン2007

    DVD/CDレンタル

    ダメならダメで

    すみません。
    最初の20分ほどで観るのやめました。
    CGがちゃちすぎる。
    今時、学生だってもう少し工夫しますよ。

    参考になった2

  • どっちにしても地球滅亡

    この映画の製作年は2006年。もう温暖化について知っているはずなのだが。
    他のレビューにもあるとおり、解決法がメチャクチャ。
    ただ、普段は「悪者」のロシアが活躍するのは、新機軸か。

    参考になった0

  • スターダスト

    DVD/CDレンタル

    なんともいえない

    盛り上がるかな、と思うと、ちょっと冷める。
    そうしながらラストの大団円へ。
    おもしろいと言えばおもしろい。
    退屈といえば退屈。

    参考になった2

  • 明日は我が身、か

    混雑した車内では、バッグを両手で抱えるようにしている。
    つり革につかまることができるときは、空いている方の手で本を読んでいるか、バッグをつかんでいる。
    なぜなら、自分の身は自分で守らなければならないからだ。
    とはいえ、もし身に覚えのない罪で逮捕されたら・・・。
    この映画は、現在の刑事裁判制度の「穴」を暴くとともに、
    身に覚えのない罪に問われている人へのエールである。

    参考になった11

  • ゲゲゲの鬼太郎

    DVD/CDレンタル

    マジメにやってる

    ウエンツはともかく、出演者の名前だけ見ると、かなり豪華。
    漫画的な設定であるにもかかわらず、
    主演者がマジメに演技をしているので、観ている側も、
    マジメに観ざるをえなくなる。
    特に田中麗奈には脱帽。

    参考になった3

  • 蟲師

    DVD/CDレンタル

    美しい風景・・・それだけ

    いったい、何を描きたかったのか。
    途中、山場があったが、それ以降は、何もない。
    監督の、原作への思い入れが空回りしている。
    ただ、風景は美しい。
    日本にも、まだまだこのような風景が残されていることに驚いた。

    参考になった2

  • リーピング

    DVD/CDレンタル

    悪魔の絶える世なし

    後半、一気に盛り上がり、最後に良い意味で裏切る展開。
    虫嫌いの人にはオススメできませんが、おもしろい作品でした。
    アンナソフィア・ロブの出番が少ないのが残念。

    参考になった2

  • 血が騒ぐ

    観ていて、思わず手足に力が入った。
    ふと気付くと奥歯をかみしめていた。
    それにしても、鍛え上げられた肉体は見事。

    参考になった3

  • プレステージ

    DVD/CDレンタル

    タネは見えたけど

    途中でタネは見えたけど、楽しめました。
    SFとも、サスペンスとも言い難い作風が新鮮でした。

    参考になった5

  • 参考になった1

  • 搾取される人々

    ダイヤモンドや高価な毛皮は、我々の生活になくてはならないものではない。にもかかわらず、それを欲しがる人々がいるため、無駄に殺される動物たちや、血を流す人々がいる。アフリカの闇が、先進国に無縁ではない、むしろ、先進国の欲望がその原因を作り上げているという現実を直視しなければならない。

    参考になった4

  • ゲド戦記

    DVD/CDレンタル

    まず原作を読もう

    原作を読んだのは、もう20年以上前。個人的に並々ならぬ思い入れのある作品の映画化。宮崎駿氏も雑誌で映画化を望んでいた作品だが、残念な結果に終わってしまった。まず、原作を読んでいないと、話の前提や細部がよく分からず中途半端になってしまう。いきなり「アチュアンの墓所から救い出してくれた」「黄泉の国の境に置き去りにされた恨み」と言われても、原作を読んでいないと、知らない人たちの会話を聞いているようだろう。原作を知っていると、「非常に悪い」映画ではないので、まずは原作を読破してから見ることをおすすめする。

    参考になった3

  • つながり

    寂しい街に現れた1匹の犬と、その犬と仲良くなった1人の少女。
    「ウィン・ディキシーがもとで」という原題の意味が、ラストではっきりしたときの、さわやかな感動。

    参考になった1

  • やるならとことん

    日本のぬるいCGアニメより、かなりおもしろい。
    日本の劇場用セルアニメは、アメリカのそれより緻密でストーリーも作り込まれていて、世界に誇れる物だったが、それも「攻殻」まで。
    CGでは、完全にアメリカが先を越している。

    参考になった5

  • ドリームガールズ

    DVD/CDレンタル

    迫力のステージ

    ミュージカルは好みではない。ストーリー自体も、よくある展開なのだが、何よりジェニファー・ハドソンの存在感に圧倒されてしまった。最初、この人が主演じゃないのか、と思ったくらい。ミュージカル嫌いも見る価値あり。

    参考になった3

  • パプリカ

    DVD/CDレンタル

    現在のアニメ映画のあるべき姿

    無駄にCGに頼らず、あくまで「アニメ」としてのスタンスを保つ。
    技術や設定に頼らず、あくまで「ストーリー」で観客を惹きつける。
    最近のアニメ映画は、この2つができていないように思える。
    その点、今敏監督は真摯にアニメ映画を向き合ってつくっている。
    おすすめします。

    参考になった4

  • 不都合な真実

    DVD/CDレンタル

    たまには説教されてみたい

    説教臭い映画かと思ったが、さにあらず。
    ゴア氏の語り口が軽妙で、他の政治家への辛辣な批判をユーモアにくるみながら、温暖化への取り組みの重要性を説いてゆく。
    異論にも科学的に反論し、観る側を納得させる。
    政治家お得意の技、と言われればそれまでだが。

    参考になった1

ページのトップへ